JAMSTEC > 地球内部ダイナミクス領域 > 海洋プレート活動研究プログラム

地球内部ダイナミクス領域

海洋プレート活動研究プログラム

海洋プレート活動研究プログラムでは、海洋研究開発機構の持つ大型観測機器や海底観測ネットワークを用いた海域地球物理観測に基づき、海溝域地震・津波発生帯の構造と変動現象の解明、及び、海洋リソスフェア、海洋性島弧、巨大海台の形成過程の解明を進めます。

リソスフェア構造解析研究チーム

リソスフェア構造解析研究チームでは、地震波を用いた構造イメージングの結果に基づき、プレート境界現象の解明、海洋地殻、海洋性島弧、巨大海台などの形成過程の解明を進めます。具体的には、
(1) 地震・津波発生帯研究:海溝域地震発生帯において、地下構造イメージングと巨大地震発生に関わる地震学的研究を統合し、地震発生・津波生成のメカニズムを明らかにします。
(2) 海洋リソスフェア構造研究:沈み込む前の海洋地殻の地震学的特徴を明らかにし、海洋地殻形成過程を明らかにします。
(3) 海洋性島弧構造研究:伊豆・小笠原弧において島弧地殻成長過程、背弧海盆拡大過程を明らかにします。
(4) 巨大火成岩区構造研究:オントン・ジャワ海台を中心とした巨大火成岩区の地下構造を明らかにし、その形成過程を明らかにします。
上記に加え、 エアガンを震源とする地震探査や自然地震観測によって得られたデータを用いた地下構造イメージング手法の高度化を進めます。 リソスフェア構造解析研究チームの説明イメージ

海底ネットワークデータ解析チーム

本研究チームでは、海底ネットワーク(DONET)のデータを有効活用するためのシステムを整備する。また西太平洋域地球物理ネットワークを維持管理する。これら2つのネットワークデータ及び臨時海底観測データ、その他を解析して海底下と海洋の構造と現象を明らかにする。具体的には
(1)海底・海域ネットワークデータ解析システムの整備運用:DONET及び西太平洋域ネットワークからのデータに加えて、JAMSTEC+他機関海底ケーブルデータ、国内国外機関陸域ネットワークデータ、及び海底臨時観測データを取り込み、統一的なデータ処理解析が可能なシステムを整備・運用する。
(2)西太平洋地球物理ネットワークの維持運用:西太平洋域ネットワークを引き続き維持管理し、システムの逐次改善を図る。近隣諸国の広帯域地震観測網とのデータ交換を継続し、互いの観測網の有用性を高める。
(3)海底・海域データ解析研究:上記(1)のデータを用いて、海底下と海洋の構造と現象を明らかにするするための解析研究を行う。海底下と海洋に起こる新奇現象の探索をルーチン的に行う。将来的に海底観測データを用いた国際的共同研究拠点として機能するよう実績を重ねる。

海底ネットワークデータ解析チーム<の説明イメージ

海洋底ダイナミクス観測研究チーム

海洋底ダイナミクス観測研究チームでは、海底や海底下で起こっている様々な現象の解明を目指し、高い精度で観測データを取得するための技術革新を推進し、その観測データに根ざした研究を進めます。
(1) AUV等による高分解能マッピング  海底に近づいて安定した観測が出来るAUVや、ROV、しんかい6500、曳航体に搭載する観測機材を用いて、海底の微細構造や海底下構造を高い精度でイメージングするための研究・技術開発を行います。具体的には、ベヨネーズ・沖縄トラフ熱水域における熱水鉱床調査、あるいは南海トラフや東北沖等で巨大地震断層調査を実施し、地形・サイドスキャンソナーイメージ・サブボトム・電磁観測データを取得します。
(2) 海底電磁気観測による流体挙動メカニズムの解明 OBEMや人工電流源などを用いる観測・技術開発に、新たに開発したインバージョン手法を駆使して、流体分布イメージングの高精度化を推進します。様々な手法を用い地下の流体分布を様々なスケールで明らかにすることで、プレート沈み込みなどに伴う流体挙動メカニズムの解明を目指します。
(3)海底下の物質や熱の循環過程解明  海洋地殻・堆積層が被る熱的・化学的変化および熱物質収支を理解するため,高精度探査・モニタリングを実施し、数値シミュレーションや掘削結果等を統合して熱水循環や断層流体移動の様式を明らかにします。
(4)流体流動に伴う電磁気現象の評価  初島沖・豊橋沖ケーブルやOBEMで取得された電磁場データから、地震や流体流動などのイベントに伴って発生した電磁場変動や比抵抗変化を抽出し、シミュレーションなどの数値計算と合わせて、地下や海中の流体流動によって生じる電磁場変動抽出の高精度化とその定量的な評価を行います。
(5) 海洋リソスフェアの成長過程解析  海洋リソスフェア(プレート)形成・成長の多様性を包括的に理解するため、北西太平洋アウターライズやプチスポットでの岩石的・地球物理的成果を取りまとめるとともに、太平洋トランセクト包括調査の実施にむけた検討を行います。

海洋底ダイナミクス観測研究チームの説明イメージ

広域地下構造探査チーム

広域地下構造探査チームでは、地震・津波研究や統合国際掘削計画(IODP)の基礎[データとなる地下構造情報を得るための、広域高精度地下構造探査を実施します。具体的には、人工的に生成した微弱な地震波の伝わる速さとその信号の強弱を利用する人工地震探査という手法です。私たちは、南海トラフや相模トラフ周辺域、伊豆小笠原海域、オントンジャワ海台、北西太平洋および日本海溝域において、各ターゲットの調査目的を達成するために、観測装置や観測仕様を含む最適な調査計画を立案し、観測研究を実施しています。

広域地下構造探査チーム