JAMSTEC > 地球内部ダイナミクス領域 > トピックス一覧 > 2012年12月7日に発生した牡鹿半島東方沖で発生した地震に関する調査について

地球内部ダイナミクス領域

トピックス

平成24年12月12日
独立行政法人海洋研究開発機構

2012年12月7日に牡鹿半島東方沖で発生した地震に関する調査について

1.概要

2012年12月7日17時18分頃に牡鹿半島東方沖の日本海溝でマグニチュード7.3の地震が発生しました。気象庁による観測では、東北地方の一部で最大震度5弱が観測されたのを始め、東日本の広い範囲で震度4以上の揺れが観測されました。また、東北地方の太平洋岸に津波警報・注意報が発令され、石巻市での最大1.0mの津波が観測されたのを始めとして、各地で津波が観測されました。
海洋研究開発機構では、文部科学省からの受託研究「東北地方太平洋沖で発生する地震・津波の観測調査」の一環として、東京大学地震研究所などと協力して、12月10日から実施している、深海調査研究船「かいれい」による、海陸統合地殻構造探査と海底地震観測において、12月7日の地震発生直後の震源域調査を実施することといたしました。

2.調査計画

当初の計画では、12月7日の地震の震源域南方の日本海溝を東西に横切る調査測線上での海陸統合地殻構造探査(東京大学地震研究所と共同で実施)と、日本海溝海側斜面上で海底地震計20台を用いた地震観測の実施を予定しておりました。今回の地震発生を受けて、震源を挟む海溝軸東西の斜面上に海底地震計を設置して余震観測を実施するとともに、震源域を東西に横断する測線において地殻構造探査を実施することといたしました。今回の地震の震源は、従来使用されてきた海底地震計では観測が不可能であった、水深6000mを超える海溝軸近傍に位置しております。そこで、海洋研究開発機構で開発を進めております、超深海型海底地震計を震源周辺に設置します。
海底地震計の回収後は、データの解析をすすめ、今回の地震の発生メカニズムの解明につなげていく計画です。なお、日本海溝の陸側斜面には、受託研究の一環として、東京大学地震研究所と東北大学によって海底地震計が12月7日の地震発生前から設置されておりました。データ解析にあたっては、各受託機関が協力して取り組む計画です。

注:実際の調査の実施については、今後の地震活動の推移と天候海況に応じて計画を変更する場合があります。

図:観測海域図