JAMSTEC SEARCH
 
  独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境観測研究センター  
  気候変動 水循環 温暖化 大循環 海大陸  
IORGCについて What's New 研究紹介 プロジェクト・データ
  研究計画
 
 
  HOME
 
IORGCについて
センター長ご挨拶
設立の背景と目指すもの
研究体制
中期計画・研究計画
採用情報
 

気候変動観測研究

気候変動観測研究プログラム

1.熱帯海洋気候グループ
・平成19年度観測研究計画
「みらい」共同利用観測航海により、中層ADCP係留ブイ等による観測と、インド洋VOS観測を継続してデータを取得するとともに、受託研究「地球観測システム構築推進プラン・インド洋観測研究ブイネットワークの構築」と連携して、東部インド洋のブイ観測を実施する。
主に、これまでの観測で得られたデータの解析を中心に、以下のような研究を行う:

  • 太平洋の表層混合層の変動過程を調べ、ENSOサイクルについて解析する。
  • 西部熱帯太平洋の水塊と海流の経年変動について解析する。
  • 西部熱帯太平洋における暖水の蓄積過程について解析する。
  • 昨年度インド洋で実施した集中観測のデータ解析を中心に、インド洋の季節内、季節、経年変動(とくにダイポールモード)の実態を明らかにする。
  • 新たな観測ブイを国際的な協力によりインド洋に展開するとともに、太平洋のトライトンブイの高精度化に着手する。
2.Argoグループ
・平成19年度観測研究計画
海洋研究開発機構および関係協力機関(気象庁、海上保安庁、水産庁、北水研、極地研、東大海洋研、北大、東京海洋大、三崎水産高、日本鯨類研等)の約18航海によって、北太平洋、南太平洋、インド洋、南大洋に約80台のArgoフロートを展開する。Argoフロートデータの品質管理手法とデータベースの高度化を進める。太平洋リージョナルセンターの運用を継続する。Argoフロートデータを中心に、主に北太平洋について季節〜経年変動の解析を進める。サブダクション過程、各種モード水(北太平洋中央モード水、北太平洋亜熱帯モード水)の形成と輸送過程、亜熱帯〜熱帯域の水温・塩分変動、北太平洋亜寒帯域の海洋構造等の解析研究を進める。次世代Argoフロートの開発を継続する。

     

 
Institute of Observational Research for Global Change