JAMSTEC SEARCH
 
  独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境観測研究センター  
  気候変動 水循環 温暖化 大循環 海大陸  
IORGCについて What's New 研究紹介 プロジェクト・データ
  研究プロジェクト・観測データ
 
 
  HOME
 

気候変動観測研究プログラム

トライトン
トライトンブイ計画の公式ホームページ。リアルタイムでブイから送信されている全てのデータを表示し、データのダウンロードも出来ます。英文で提供。

TAO/TRITON
米国海洋大気庁(NOAA)太平洋海洋環境研究所(PMEL)がデータセンターとなり、太平洋で展開されているTAOブイとトライトンブイのデータを統合して公開しています(英文のみ)。JAMSTECが展開しているトライトンブイを含む太平洋赤道域の全ての観測データをリアルタイムで表示します。ダウンロードも可能です。

IOMICSプロジェクト
新たな係留ブイを開発し、国際的な枠組みの下でインド洋にブイネットワークの構築を進めることにより、インド洋熱帯域の大気・海洋の変動メカニズムやアジア・オセアニア地域の気候システムの解明を促進して気候変動予測能力の向上を目指すプロジェクトのページ。リアルタイムのデータ表示とデータのダウンロードができます。

Argo JAMSTEC
Argoグループのホームページ。全球のアルゴフロートデータをリアルタイムでダウンロードできるほか、日本が投入したアルゴフロートに関する詳細情報 の提供も行っています。また、アルゴフロートデータを用いた水温塩分流速場の客観解析結果を見ることも可能です。日本語及び英語で提供。

PARC JAMSTEC
太平洋アルゴ領域センター(Pacific Argo Regional Center:米国のIPRC、オーストラリアのCSIROと共同運営)のJAMSTECウェブサイト(英語のみ)。太平洋域のアルゴフロートの運用情 報、品質管理情報等を提供しています。

みらい/ADCP/CTD等
トライトンブイ計画およびアルゴ計画以外で、それらを補完するために当プログラムで実施した観測データを提供します。主に、熱帯気候研究グループ(TOCS、Tropical Ocean Climate study)による海洋研究開発機構が運用する船舶(みらい、かいよう、よこすか等)を用いて観測されたデータ、海洋表層の流速の時系列(長期間)計測のための係留ブイ(音響ドップラー式流向流速)によるデータのインベントリーの表示と観測データのダウンロードが出来ます。TOCSページへ

 

水循環観測研究プログラム

水循環データサイト
アジアモンスーン地域やユーラシア大陸寒冷圏の観測サイトで取得されたAWS(自動気象観測)、同位体、レーダー等のデータを提供しています。

MAHASRIプロジェクト
アジアモンスーンの変動機構の理解により水文気象予測システムの構築を目指す国際的な観測研究プロジェクトのページ。

HARIMAUプロジェクト
観測的空白であった海大陸にレーダー・プロファイラー網を展開し、様々な気候変動の引き金となる「季節内変動」を解明し、全球気候予測の高精度化に貢献することを目指す観測プロジェクトのページ。

 

地球温暖化情報観測研究プログラム

北極海気候システムグループ
北極海に設置された氷海観測用漂流ブイからの気象・海洋データを提供しています。

浮遊性有孔虫統合画像データベース
古海洋環境復元グループが海洋表層に棲む微小な動物プランクトン 「浮遊性有孔虫」の生態を映像に記録し、国際海洋環境情報センターと 協力してデータベース化したものです。

 

海洋大循環観測研究プログラム

Post-WOCE Hydrography
過去に観測が行われた世界海洋循環実験(WOCE)測線等で、研究船「みらい」等を用いて行った観測データ集

黒潮輸送・海面フラックスグループ
沖縄周辺海域、本州南岸黒潮・黒潮再循環域、黒潮続流域で 行った観測航海で取得された水温、塩分、流速等のデータを 航海報告等とともに提供しています。

JKEOブイウェブサイト
黒潮続流域に設置した海面係留ブイからのデータを提供しています(英語のみ)。 リアルタイムで送信される海面熱フラックスの現場時系列観測データを処理し、表示しています。

 

海大陸観測研究計画

PALAUプロジェクト
西部熱帯太平洋域の雲対流活動や西風バースト、季節内振動など地球気候システムに対して重要な影響を持つ現象を対象とした観測プロジェクトのページ。

MISMOプロジェクト
地球海洋研究船「みらい」によるインド洋における海洋から大気までを対象とした集中観測プロジェクトのページ。

CINDY2011

海大陸データサイト

 

 
Institute of Observational Research for Global Change