独立行政法人海洋研究開発機構一般講演会「地球環境シリーズ」
「 地球生態系の明日を考える-地球観測と予測-」開催報告

 地球環境観測研究センターと地球環境フロンティア研究センターは、平成17年8月5日(金)に、青山の国際連合大学、ウ・タント国際会議場に於いて、シリーズ第2回目となる上記講演会を開催しました。
 
 
 今年は、今まであまり取り上げられなかった「地球生態系」に焦点を当てました。海洋の中・長期観測、陸上のフィールドステーション観測、人工衛星によるリモートセンシングそして数値モデルによるシミュレーション・予測などについて、両センターの最新の研究成果を織り交ぜながらご紹介しました。
 共催である国際連合大学の安井至副学長からは「大きな流れでみる持続可能性」との題目で講演を頂きました。また、NHKの室山哲也解説員を総合司会としてお迎えし、マスコミの視点から見た地球温暖化について講演を頂くとともに、講演会全体を大変分かり易くまとめて頂きました。(各講演者の発表資料はこちら
 会場外には、両センターの研究成果を紹介するパネルを設置しました。休憩時間中には、研究員の説明に興味深く耳を傾ける方々が多数見受けられました。(パネルはこちら
 
 
 気温35℃という大変暑い日にもかかわらず、会場は約300名の参加者の方々でほぼ満席となり、一般のみなさまの地球環境への関心の高さが伺えました。暑い中、沢山の方々にお越し頂きありがとうございました。
 
アンケート結果より

Copyright (C) 2005 IORGC/FRCGC All rights reserved.