トップページ > JAMSTECについて > 研究船・施設・設備 > 研究船・探査機 > 「ディープ・トウ」

深海曳航調査システム「ディープ・トウ」

全長数千メートルのケーブルの先端にソーナーやカメラを装備した曳航体を取り付け、海底付近をごく低速で曳航するシステムです。「よこすか」ディープ・トウ及び6000m級カメラ/ソーナーの3種類があります。

ミッション

  • 深海調査:海底地形、地質(熱水等)、資源、海洋物理
  • 中深層生物調査
  • 潜水船やROVによる潜航調査のポイントを決めるための事前調査
  • 人工物の探索や、観測機器類の設置作業

システム

(1) カメラシステム
  • 「よこすか」ディープ・トウ(YKDT)
    主に「しんかい6500」の潜航事前調査用として、「よこすか」に設けられた深海曳航カメラシステムで、深度6000mまでの曳航観測が可能。 ハイビジョンカメラ1台を搭載し、海底をリアルタイムで観察可能 切り離し装置を使用し、海底への機器設置や目視による小型ドレッジも可能。
  • 「6Kカメラ」ディープ・トウ(6KCDT)
    深度6000mまでの曳航観測が可能。3CCDカメラを搭載し、海底をリアルタイムで観察可能。切り離し装置を使用し、海底への機器設置や目視による小型ドレッジも可能。
(2) ソーナーシステム
  • 「6Kソーナー」ディープ・トウ(6KSDT)
    深度6000mまでの曳航観測が可能。サイドスキャンソーナーを搭載し、微細な海底地形を調査可能。また、オプションでハイビジョンカメラ、LED投光器を装備することで、カメラシステムとして海底観察も可能。
「よこすか」ディープ・トウ
「よこすか」
ディープ・トウ
6Kカメラディープ・トウ
「6Kカメラ」
ディープ・トウ
6Kソーナーディープ・トウ
「6Kソーナー」
ディープ・トウ

主要目

(1)カメラシステム

「よこすか」ディープ・トウ(YKDT)
全長 3.9m
1.3m
高さ 1.5m
重量 約833kg(空中)、 600kg(水中参考値)
最大運用水深 6,000m
曳航速度 ~1ノット程度
曳航高度 2~5m
主要搭載機器類 カラーTVカメラ、白黒TVカメラ、小型カメラ、水中ライト、デジタルカメラ、ストロボ、切り離し装置等
「6Kカメラ」ディープ・トウ( 6KCDT)
全長 3.7m
1.1m
高さ 1.6m
重量 約1000kg(空中)、850kg(水中)
最大運用水深 6,000m
曳航速度 ~1ノット程度
曳航高度 3~5m
主要搭載機器類 3CCDカメラ、白黒CCD TVカメラ、小型CCDカメラ、水中ライト、デジタルカメラ、ストロボ、切り離し装置等

(2)ソーナーシステム

「6Kソーナー」ディープ・トウ(6KSDT)
全長 3.3m
1.0m
高さ 1.2m
重量 約550kg(空中)、370kg(水中)
最大運用水深 6,000m
曳航速度 ~3ノット程度
曳航高度 100~250m(ソーナー測定時)、2〜5m(カメラ観察時)
主要搭載機器類 サイドスキャンソーナー、慣性航法装置、高度計、(オプション:HDTVカメラ、水中ライト)

主な経歴

1999年12月 「H-IIロケット8号機」第1段ロケットの第2次調査においてメインエンジンを発見
1997年1,2月 「ナホトカ号」沈没地点における調査で船体を確認
1993年8月 北海道南西沖地震の震源域調査を実施
1989年9月 静岡県伊東沖で海底群発地震震源域を緊急調査
1988年8月 沖縄トラフ南庵西海丘において熱水噴出口生物群集を発見
1988年7月 沖縄トラフ伊平屋海凹で熱水活動を発見
1988年5月 小笠原海形海山において熱水噴出口生物群集を発見
1987年12月 日仏共同STARMER計画で北フィジー海盆リフト系調査により熱水活動を発見
1986年11月 インドネシアのスンダ海溝調査を実施
1985年11月 相模湾にて日航ジャンボ機尾翼調査を実施
1984年11月 トンガ海溝域調査を実施
1983年10月 日本海中部地震震源域調査を実施し、震源域の海底の地割れや噴出物、変色を発見