トップページ > JAMSTECについて > 研究船・施設・設備 > 横須賀本部 施設・設備 > 救急再圧訓練装置

横須賀本部 施設・設備

救急再圧訓練装置


概要

本装置は、圧縮空気を用いて圧力0~0.5MPaまでの環境を作ることができ、水中機器等の性能試験などを行うことができます。装置は主室と副室に分れており、主室を単独で操作することが可能です。圧力の加減圧は、外部のバブルで操作できます。
本装置をより安全に使用するため、内部に小型テレビカメラを2台設置し、外部のモニターで監視することができます。ただし、外部のモニターについては、当機構の施設から外部へ持ち出しできません。

<仕様>

項目 内容
大きさ 4.3mL×1.8mW×1.9mH
使用圧力 0.5MPa
容積 5.3m3
重さ 2,300kg
観察窓 直径0.13m(6カ所)

利用分野

1)
高圧環境での圧力体験及び訓練
2)
高い圧力下での機器の開発、性能試験