トップページ > JAMSTECについて > 理事長あいさつ

理事長あいさつ

独立行政法人海洋研究開発機構 理事長 平 朝彦

 ハワイ島のマウナケアに登ると雄大な火山地形を見渡すことができる。山麓にはクレーターを有する火砕丘が多数存在し、さらに巨大な盾状火山マウナロアをはるかに望む。ハワイ島は太平洋のまっただ中、ホットスポットの活動によって形成された世界最大の活火山であり、まさに、空、海、陸の境界が誕生し、そこに新たな生命の活動が始まっている地球システムの特異点である。

 地球は、表面に海洋が存在している唯一の太陽系惑星である。人間圏を含む地球システムにおける海洋の役割を理解し、自然観・世界観の新たな体系を構築し、それに基づいた正しい選択を行ってゆくことにより、私たちは初めて幸福な未来を切り開くことができる。

 日本列島は、地球活動のもっとも活発な場所の一つに位置する。したがって、海洋、地球、生命、そして人間活動の統合的な理解を、日本から発信することは、私たちの責務と言っても良い。さらに海洋資源の利用、海洋生命工学の展開、海洋地球情報の高度化など、海洋イノベーションを力強く推進する必要がある。東日本大震災からの復興、そして次なる巨大自然災害への備えもまた、海洋からの視点が鍵となる。

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、海洋、地球、生命をキーワードとして、世界最先端の研究と技術開発を推進して行きたい。日本、世界そしてこの星のために。

独立行政法人海洋研究開発機構
理事長
平 朝彦