トップページ > JAMSTECについて > 過去の主なプロジェクト

過去の主なプロジェクト

海洋調査船「なつしま」のスマトラ島沖地震緊急調査
2004年にインドネシア・スマトラ島沖で発生した巨大地震をうけ、海洋調査船「なつしま」による震央海域を中心に緊急調査を実施し、その経過をウェブサイト上などで報告しました。
南半球周航航海研究 “BEAGLE2003”
2003年8月から2004年2月にかけて、海洋地球研究船「みらい」が南半球一周航海を実施し、地球環境変動への海洋の役割を解明するための気象の調査および海洋観測データの収集を行いました。
2003年IUGG組織委員会
2003年の札幌におけるIUGG(地球・惑星科学研究及びその国際的な発展の促進を目的とする国際学術団体)総会開催にあたり、海洋科学技術センター(当時)が事務局として準備、運営を担当しました。
国際集中観測 “Nauru99”
地球規模での気候変動の解明に役立てるため、地球上でもっとも大気の対流活動が活発な西部熱帯太平洋海域の役割を明らかにすることを目的として、1999年にナウル島近海において実施された大気、海洋の集中観測プロジェクトです。特に、この海域における雲の役割、水・熱収支、大気-海洋相互作用の研究が主要テーマでした。