トップページ > JAMSTECについて > 知的財産情報 > 実用化展開促進プログラム

知的財産情報

平成24年度 実用化展開促進プログラム
<FAQ集>

Q1 (両タイプ)JAMSTECのシーズ・施設・設備に関する相談は?
A2 主なシーズ集をご覧いただくか、事業推進部推進課までお問い合せ下さい(chizai@jamstec.go.jp)。

Q2 (両タイプ)企業等とは?
A2 企業(LLP含む)又は企業を含む技術研究組合。共同提案者として、大学等の参画も可能です。

Q3 (両タイプ)大学等とは?
A3 大学・公設試験研究機関などの研究開発機関。

Q4 (両タイプ)経費について
A4 FSタイプ(最大3百万円/件)、戦略的連携タイプ(最大10百万円/件)は、JAMSTEC実施分担分の開発費となります。
   戦略的連携タイプについては、JAMSTEC分担分と同程度かそれ以上の経費負担が必須となります。

Q5 (FSタイプ)どのようなものが対象でしょうか?
A5 JAMSTECの研究成果を用いて実用化や事業化を行う場合のマーケティング調査、ベンチャー起業のためのマーケティング調査など。

Q6 (戦略的連携タイプ)対象は?
A6 新しい海洋観測機器の開発、新しいセンサーや分析手法の開発、深海微生物由来の 酵素の開発など、新しい解析手法を用いた受託解析ベンチャー事業化など、海洋に関する成果を用いたビジネスの創出に寄与できる技術が対象となります。

Q7 (戦略的連携タイプ)プロジェクト責任者はだれになるのか?
A7 企業等の開発担当者・研究者が望ましいが、JAMSTEC職員も可能です。 企業等の研究者をJAMSTECの客員研究員として受け入れることが可能です。

Q8 (戦略的連携タイプ)JAMSTECのシーズ・施設・設備のマッチング相談先は?
A8 事業推進部推進課までお問い合せ下さい(chizai@jamstec.go.jp)。

Q9 (両タイプ)成果の帰属について
Q9 原則共有とし、その持分は、JAMSTECと共同提案者の貢献度に応じて配分します。その際、知的財産権の独占的な利用許諾に配慮します(その対価として、ロイヤリティを頂きます)。


問い合わせ先:
 事業推進部 産学連携課
 TEL:046-867-9246 FAX:046-867-9195
 E-mail:chizai@jamstec.go.jp