特許情報

注目知財

 
[工学]シミュレーション方法、シミュレーションプログラムおよびシミュレーション装置
  特開2007-292465号 地球シミュレータセンター 島 伸一郎、草野 完也、杉山 徹、
河野 明男、廣瀬 重信
 

”超水適法”で微細粒子粉末の制御や災害対策が可能に

 超水適法は既存のモデルに取って代わる可能性を持つ、まったく新しいモデルであり、雲の形成や降雨、降雪落雷現象の正確な再現と予測が可能となり、天気予報の精度向上、気象災害対策、人工降雨の最適化、地球温暖化予測の精度向上等に向上できる。
また、本モデルは、エンジン等で使われる液滴燃料の噴霧燃焼シミュレーションや微細粒子粉末の霧化・噴霧による制御や混合に利用する事で、印刷・塗装技術・医薬品・化粧品開発・機能性材料の製造等に役立つ可能性を閉めているプログラムである。


超水適法により上空の水滴をシミュレーションしたもの
 

問い合わせ先:
  事業推進部推進課
  TEL:046-867-9246 FAX:046-867-9195
  E-mail:chizai@jamstec.go.jp