JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2019年 2月 19日
国立大学法人宮崎大学
国立研究開発法人海洋研究開発機構
国立研究開発法人産業技術総合研究所
国立大学法人東京工業大学

和歌山以南の温帯域が準絶滅危惧種のサンゴの避難場所として機能/
サンゴの遺伝子解析による生物集団の安定性の評価

宮崎大学テニュアトラック推進機構の安田仁奈 准教授、海洋研究開発機構 山北剛久 研究員と産業技術総合研究所 地質情報研究部門 井口亮 主任研究員、東京工業大学 環境・社会理工学院の中村隆志 准教授のグループは、国立環境研究所・水産研究・教育機構中央水産研究所・九州大学・筑波大学と共同で、亜熱帯域で温暖化によって絶滅の危機に瀕しているサンゴ集団の絶滅リスクを評価するために、日本西南部のクシハダミドリイシ(IUCN レッドリストカテゴリーの準絶滅危惧(NT)に属している)を採集し、集団遺伝解析を行いました。さらに海水流動とサンゴの産卵期の幼生分散のシミュレーションを行い、亜熱帯域から温帯域までのサンゴの幼生分散を調べました。その結果、昔からサンゴがいる和歌山以南の温帯域では遺伝的多様性が高く、亜熱帯域に生息する準絶滅危惧種の一部のサンゴの避難場所として機能する可能性が示されました。この成果は平成 31 年2 月 13日(日本時間 19:00)の Scientific Reports 誌(電子版)に掲載されました。本研究は、環境省環境総合推進費(4RF-1501)および文部科学省科学研究費補助金の支援を受けて行われました。

詳細は宮崎大学サイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
広報部 報道課長 野口 剛
お問い合わせフォーム