JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > プレスリリース > 詳細

プレスリリース

2019年 8月 7日
国立大学法人東北大学
国立研究開発法人海洋研究開発機構
国立大学法人神戸大学
学校法人千葉工業大学
国立大学法人九州大学
国立大学法人富山大学
北陸職業能力開発大学校
独立行政法人国立科学博物館

日本最古の鉱床からから新鉱物を発見!!
~放射光X線回折実験により、新しいタイプの結晶構造と判明~

国立大学法人東北大学大学院理学研究科 栗林貴弘准教授、同大学総合学術博物館 長瀬敏郎准教授、国立研究開発法人海洋研究開発機構 野崎達生グループリーダー代理、国立大学法人九州大学 石橋純一郎准教授、国立大学法人富山大学 清水正明名誉教授、独立行政法人国立科学博物館 門馬綱一研究主幹による共同研究グループは、日本最古の日立鉱山不動滝鉱床(Re-Os放射性同位体による年代測定から約5.3億年前に形成; Nozaki et al., 2014)の鉱石から新鉱物を発見し、「日立鉱」(hitachiite, Pb5Bi2Te2S6)と命名、その鉱物を記載しました。記載内容については、国際鉱物学連合の新鉱物、鉱物の記載や分類に関する委員会において審査され、2018年6月に承認を受けました。茨城県からの新鉱物の発見は初めてであり、鉱物名は、鉱物の産地である日立鉱山にちなんでいます。本研究には、国立大学法人岡山大学加瀬克雄名誉教授が1971-1973年にかけて日立鉱山不動滝鉱床の坑道内から採取した鉱石試料を使用しました。

詳細は東北大学のサイトをご覧下さい。

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋科学技術戦略部 広報課
お問い合わせフォーム