採用情報

地球深部探査センター(CDEX)
任期制職員の募集について

1. CDEX概要

地球深部探査センター(Center for Deep Earth Exploration:CDEX)は、地球深部探査船「ちきゅう」の安全かつ効率的・効果的な運用を通して、統合国際深海掘削計画(Integrated Ocean Drilling Program:IODP)を中心とした、深海掘削作業を伴う科学研究に貢献します。また、科学目標達成の過程において必要な、運用・掘削・孔内計測の技術開発を行います。これらの業務を通じ、新たな生命地球科学の創成をサポートしていきます。

統合国際深海掘削計画(Integrated Ocean Drilling Program:IODP)とは、新たな科学を切り開くための国際科学計画であり、海洋底の歴史、気候変動、地殻や海底堆積物の構成と構造、そして地下生物圏に関する基礎研究を推進するものです。 IODPマネジメント・インターナショナル社(IODP-MI)がIODPの中央管理をしています。

CDEXでは科学分野の経験者に限らず、日本が主導する国際科学プログラムの将来を担う多様な人材を募集いたします。現在募集中の職種は以下の通りです。職務内容はそれぞれの職種のリンク先をご参照下さい。以下の募集職種は全て英語による意思疎通が必要です。

2. 募集職種

職種 募集人数 募集期間
運用管理室 地質評価グループ
技術主任もしくは技術副主幹
あわせて2名程度 随時募集

3. 仕事環境・応募方法等

仕事環境等
機構 独立行政法人海洋研究開発機構
http://www.jamstec.go.jp/
募集センター 地球深部探査センター
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/
関与するプロジェクト 統合国際深海掘削計画 
http://www.iodp.org/
勤務地 独立行政法人海洋研究開発機構 横浜研究所 地球深部探査センター並びに地球深部探査船「ちきゅう」船上
処遇等
雇用形態 独立行政法人海洋研究開発機構 任期制職員 常勤
給与等 給与(年俸):
 技術主任  6,384,000円〜
 技術副主幹 7,380,000円〜
通勤費支給
福利厚生等 社会保険等:有り(健康保険、厚生年金、雇用保険等)
宿舎:民間賃貸住宅の宿舎貸与制度有り
休日等 土日、祝祭日、年末年始、年次有給休暇、特別休暇
応募方法等
応募書類 履歴書(写真貼付)・職務経歴書  和文・英文各1通
提出方法 配達記録付き郵送による。
提出先 〒236-0001 神奈川県横浜市金沢区昭和町3173-25
独立行政法人海洋研究開発機構 横浜研究所
地球深部探査センター 企画調整室あて
「CDEX任期制職員(応募職種名)応募書類在中」と朱書のこと
選考方法 1)書類選考
2)面接試験
3)現在までの職務経験等につきプレゼンテーションをお願いする場合があります。
採否の決定 個別に連絡
問合せ先 地球深部探査センター 企画調整室
メール: cdex@jamstec.go.jp 
その他 1)国内在住の方の面接時の交通費支給はありません。
2)キャリアにつきましては、選考後に決定いたします。
3)提出書類は一切返却いたしませんが、個人情報保護法に基づき厳正に管理し、採用選考終了後には適切に取り扱い、責任を持って破棄いたします。
4)採用内定時に健康診断書を提出していただきます。

■ 運用管理室 地質評価グループ 技術総合職

統合国際深海掘削計画(IODP)の主要掘削船である地球深部探査船「ちきゅう」の運用を担当する地球深部探査センターにおいて、運用管理室 地質評価グループに所属し、事前調査計画・予算の策定、データ収録・処理の監督についての実務担当者となる。

主業務は以下の通り。

  • IODPが決定した科学掘削提案について「ちきゅう」による安全な掘削のための事前調査計画、予算の策定を担当する。
  • 事前調査の実施にあたって、各種データ収録・処理の監督、報告書の作成を行う。
  • 事前調査結果の評価を行い、掘削管理グループと共に掘削計画の策定を担当する。
  • 「ちきゅう」船上においては、機構のOperation geologistを担当する。

【必要なスキル】

(1)
海上、陸上の掘削、海上掘削船に関する全般の知識を有し、地質調査評価・物理探査計画の策定、作業管理経験を有すること(技術主任は10年程度、技術副主幹は15年程度の実務経験が必要)。
(2)
掘削に係るプロジェクトの管理経験を有し、「資源、財源、人員」の管理とともに、現場、他部署、関連会社・組織との調整を積極的かつ的確に実施できること。
(3)
英語による意思疎通が可能であること。