採用情報

独立行政法人海洋研究開発機構地球シミュレータセンター
ポストドクトラル研究員の募集について

独立行政法人海洋研究開発機構地球シミュレータセンターでは、太陽から地球に至る宇宙天気現象の連結階層シミュレーション研究に従事するポストドクトラル研究員を以下の通り募集します。

公募要領
募集対象、人数数
対象: 宇宙天気現象の連結階層シミュレーション研究を行うポストドクトラル研究員
配属: 地球シミュレータセンター連結階層シミュレーション
研究開発プログラムアルゴリズム研究グループ
人数: 2名程度
募集の背景 地球シミュレータセンター連結階層シミュレーション研究開発プログラムでは、科学研究費補助金学術創成研究「宇宙天気予報の基礎研究(代表:柴田一成)」の一環として宇宙天気モデリング研究を関係諸機関と協力して推進している。これは、太陽面爆発・コロナ質量放出・太陽風・磁気圏擾乱・磁気圏電離圏結合・高エネルギー粒子加速など一連の宇宙天気現象の統合シミュレーションを連結階層手法によって実現する先進的な研究である。今回の募集は、この宇宙天気モデリング研究に京都大学花山天文台、名古屋大学太陽地球環境研究所などとの共同研究を通して取り組む方を公募するものである。太陽物理、宇宙プラズマ物理のシミュレーション研究を行うことができると共に、分野間連携にも熱意を持って取り組むことが望まれる。
採用予定日 平成20年(2008年)4月1日
勤務地 独立行政法人海洋研究開発機構
横浜研究所(神奈川県横浜市金沢区昭和町3173-25)
応募資格

博士号取得者(採用時までに取得見込も含む。ただし既に博士号を取得済みの場合は、直近の博士号の所得日を含む年度の末日から、採用日の前日までが5年以内である者に限る。)

採用条件、待遇等
雇用形態:独立行政法人海洋研究開発機構 ポストドクトラル研究員(常勤)
契約期間:契約締結日より平成21年3月31日まで(ただし、科学研究費補助金の配分状況により、研究成果についての審査を経た上で平成22年3月31日まで更新の可能性あり。)
勤務地:海洋研究開発機構横浜研究所(神奈川県横浜市金沢区昭和町3173-25)
勤務形態:海洋研究開発機構の規定による裁量労働制
給与等:能力、経験等を考慮の上、海洋研究開発機構の規定によって決定する。
休日/休暇:完全週休2日制、祝祭日、年末年始(12/29〜1/3)、機構の指定する日、有給休暇(年最大20日、繰越可、採用日による。)、その他慶弔等の特別休暇、夏期休暇(最大7日、採用日による。)
各種保険:社会保険完備(科学技術健康保険組合、科学技術厚生年金等)
その他:機構の規定により通勤手当を支給する。職員等の相互扶助及び福利厚生の増進を図るための共済会制度有り。
応募方法
1)応募書類 (1) 研究歴とこれまでの研究概要 一通
  (2) 採用後の研究に関する抱負と研究提案 一通(自由形式)
  (3) 推薦書 2名の推薦者から各一通ずつ(推薦者より直接提出先宛に郵送のこと)
到着期限は応募締切りと同日。封筒に「推薦する応募者名」を明記すること)
  (4) 履歴書 一通
  (5) 研究業績リスト 一通(査読付き論文とその他に分けること)
  (6) 主要論文別刷3編以内

2) 提出方法

郵送による。(封筒の表側に「地球シミュレータセンター平成20年度ポスドク研究員応募書類在中」と朱書きすること)

3)提出先

〒236-0001
神奈川県横浜市金沢区昭和町3173-25
独立行政法人海洋研究開発機構 横浜研究所
地球シミュレータセンター研究推進室 採用担当 宛

4)応募締切り 平成19年(2007年)12月14日(金)必着
選考方法 応募締切り後、書類選考を行い、採用を決定する。ただし、書類選考通過者について面接を行う場合もある。(面接予定は別途通知する。面接に係る交通費は支給しない。)
注意事項 (1) 提出書類に不備がある場合、受理しない場合があります。
(2) 提出書類は一切返却いたしません。
(3) 採用内定時に健康診断書を提出していただきます。
(4) 応募後辞退される場合、辞退届けを提出してください。
問い合わせ先 独立行政法人海洋研究開発機構
地球シミュレータセンター 研究推進室
担当:越後
電話:045-778-5757 FAX:045-778-5490
電子メール:echigot@jamstec.go.jp
参考資料 地球シミュレータセンター
http://www.jamstec.go.jp/esc/index.html

連結階層シミュレーション研究開発プログラム
http://www.jamstec.go.jp/esc/esc/research/Holistic/index.html