採用情報

地球環境変動領域
熱帯気候変動研究プログラム
MJO発生・発達過程研究チーム 研究員公募について

募集対象プログラム
要求される研究分野
熱帯気候変動研究プログラムでは、熱帯のインド洋から太平洋にかけて特に顕著に現れるエルニーニョ、インド洋ダイポールモード現象、モンスーン、マッデン・ジュリアン振動(MJO)などの現象の解明のための研究を実施しています。本公募では特に熱帯大気の主要な季節内変動であるMJOに関する研究を主体とする「MJO発生・発達過程研究チーム」において以下の研究を行う研究員を募集します。

MJOの発生・発達に関し、現場観測及び人工衛星データなどを用いて、特に大気−海洋相互作用の観点で研究を行っていただきます。また船舶、島嶼などを利用した現場観測に参加していただきます。
当該チームは、MJOに伴う対流活動が活発化するインド洋において2011年度に実施が予定されている国際集中観測CINDY2011(Cooperative Indian Ocean experiment on Intraseasonal Variability in the Year 2011)を先導する役割を担います。このため本公募対象者にはこのCINDY2011への貢献を期待します。
*CINDY2011に関する詳細は以下のホームページを参照。
http://www.jamstec.go.jp/iorgc/cindy/index.html
応募資格 熱帯大気・海洋の知識を有する博士号取得者。
特に、野外観測への積極的な関与及びインド洋における研究推進に意欲のある方が望ましい。

*国籍、性別、年齢を問いません。
*海洋研究開発機構では、すべての職員の雇用に関し男女平等の理念を持っております。
勤務地 独立行政法人海洋研究開発機構
横須賀本部(神奈川県横須賀市夏島町2-15)
契約期間 採用は平成22年1月4日以降のなるべく早い時期からとし、任期は原則として、最長5事業年度を限度とします。
処遇等
(1)給与: 当機構の規程に基づき処遇  
(2)赴任旅費: 当機構の規程に基づき支給
(3)各種保険等: 各種保険等:科学技術健康保険組合・厚生年金保険・科学技術厚生年金、基金・雇用保険、労働者災害補償保険等
(4)社宅: 当機構の規程に基づき支給
(5)通勤手当: 当機構の規程に基づき支給
(6)賞与、退職金なし  
(7)休日及び休暇: 土日祝祭日・年末年始その他当機構が指定する日
(8)その他: その他:職員等の相互扶助及び福利厚生の増進を図るための共済会加入制度
応募方法 1. 応募書類
  • イ.研究計画書1通(A4用紙1枚程度)
  • ロ. 所見をいただける方2名による本人のリファレンスレターまたは推薦書各1通(所見をいただける方より、直接、人事担当宛郵送のこと。封筒に「推薦する応募者名」を明記のこと。)
  • ハ.履歴書1通(連絡先E-mailアドレス記載のこと)
  • ニ.研究業績リスト 1通
    (論文リストはレフェリー制のあるジャーナルとその他の研究、学術出版物に分けること。)
2. 提出方法
  • 郵送による *郵送以外は受け付けません
3. 提出先
  • 〒237-0061
    神奈川県横須賀市夏島町2-15
    独立行政法人海洋研究開発機構
    研究支援部支援第1課 人事担当宛
    (封筒の表に「地球環境変動領域 熱帯気候変動P 研究員応募」と朱書きのこと)
応募締切 平成21年10月15日(木)(必着)
選考・採用について 1. 応募締切後、書類選考を行い、書類選考通過者について面接を行い、採用を決定します。
2. 面接は平成21年10月下旬を予定しています。
3 提出書類に不備がある場合、受理しないことがあります。
4. 提出書類は一切返却しませんが、個人情報保護法に基づき厳正に管理し、採用選考終了後には適切に取扱い、責任を持って破棄致します。
5. 採用内定時には健康診断書を提出していただきます。
6. 応募後に辞退される場合は、辞退届を提出してください。
7. 着任は1月4日以降できるだけ早い時期と致しますが、具体的には選考後に相談の上、決定することと致します。
応募先・問い合わせ先 研究支援部支援第1課 人事担当
E-mail : rsd-jinji@jamstec.go.jp
TEL : 046-867-9415
FAX : 046-867-9372

※本募集を通じてお預かりした個人情報は、採用選考及びこれに伴う事務手続きに使用し、当機構個人情報保護管理規程に基づき安全かつ適正に取り扱いいたします。応募書類は、原則として返却いたしませんが、選考通過者以外の書類については、責任を持って破棄いたします。