JAMSTECJAMSTEC

海と地球のシンポジウム2020

発表課題募集

AORIとJAMSTECは、JAMSTECの運用する研究船等を利用して行われた研究・技術開発の成果報告会として、「海と地球のシンポジウム2020」を開催いたします。開催に先立ち、下記のとおり発表課題を募集いたします。最近の研究成果や直近に実施した航海概要を発表いただくとともに、分野横断的な研究者・技術者・学生等が集い意見交換する機会としてぜひご活用ください。皆様からのご応募をお待ちしております。

1. 募集期間

2020年9月23日(水)~10月22日(木)正午

2.募集対象

(1)
発表者
JAMSTECが運用する船舶(「よこすか」「かいれい」「みらい」「かいめい」「白鳳丸」「新青丸」「ちきゅう」)及び「しんかい6500」等の深海調査システム等を利用して行われた研究・技術開発に参加した研究者、技術者、学生等。
(2)
航海
AORIが実施する「共同利用公募」により採択された航海、JAMSTECが実施する「所内利用課題」、地球深部探査船「ちきゅう」による研究航海。

3.開催日・開催方法

2020年12月17日(木)~12月18日(金)オンライン開催

4.応募方法

代表発表者は、下記のボタンより応募ページを開き、アカウント登録後、「新規応募」フォームに必要事項をご入力ください。
また、「要旨原稿の作成要領」に則り「要旨原稿フォーマット」を用いて「要旨原稿」を作成のうえ、Wordファイル・PDFファイル(各1部、ファイル名は作成要領参照)を応募フォームにアップロードしてください。
なお、代表発表者は、「参加登録」フォームへの入力は不要です。(共同発表者は、「参加登録」フォームにのみご入力ください。)


発表課題応募 »


【注意事項】

  • 共同利用公募の資料「主席研究員の役割」及び所内利用課題の募集資料「首席研究者の役割等」に記載のとおり、航海の成果確認のため、乗船後には本シンポジウムにて発表(研究成果報告または航海概要報告)をしてください。
  • 複数の機関に所属されている場合、アカウント登録、応募フォーム、要旨原稿に記載する所属は、成果を出した際の所属としてください。
  • プログラム調整の結果、発表日のご希望に添えない場合がございます。
  • 要旨原稿は要旨集としてまとめますので、体裁の統一にご協力をお願いいたします。なお、要旨集はシンポジウムのホームページにダウンロード可能な形態で掲載します。

5.発表形式

海と地球のシンポジウム2020では、全ての課題の発表を原則「口頭発表」にて行います。代表発表者には、Web会議システム(Zoom)を用いて、開催当日ライブにて発表していただきます。Zoomアカウントを複数使用し、同時並行にいくつかの発表を行うプログラムとなる予定です。
なお、今回ポスター発表はありません。


  • 発表日時は追って(シンポジウム開催1か月前目途)代表発表者にお知らせいたします。
  • 発表時間は1課題につき30分程度(質疑応答、発表者交代の時間を含む)とし、時間配分(質疑応答の長さ)は発表者に委ねる予定です。
  • 質疑応答等の進行は本シンポジウム実行委員会が配置するコーディネータが補佐します。また、「発表スライド」は事前(シンポジウム開催1週間前目途)にご提出いただき、発表者交代がよりスムーズにできるよう、発表スライドの表示等操作はコーディネータが行う予定です。
  • 口頭発表に多くの応募があった場合、一部の課題については、1課題につき数分の「ショートトーク」となる場合がございますのでご了承ください。

6.発表分類

(1)
研究成果報告
募集対象の船舶を利用して得られた研究成果。海洋研究に関わる機器、新技術、新手法の開発、観測技術員等による研究支援を行う立場の技術開発や技術向上に関する発表を含みます。
(2)
航海概要報告
直近2年間に行われた航海の速報。

7.学生優秀発表賞

学生の研究活動を奨励するため、口頭発表をする学部生・大学院生を対象に、有識者による審査を行い、優秀者を表彰いたします。学術的意義と発表内容により審査いたします。分野横断型のシンポジウムですので、専門外の方への伝わりやすさも考慮に入れてご準備ください。

8. 発表資料の取扱い

発表資料(要旨原稿、発表スライド)の著作権は発表者に帰属します。


  • 発表課題の応募により、AORI及びJAMSTECが海と地球のシンポジウム2020開催に必要な範囲※で発表資料を無償利用すること、及び当該範囲において著作者人格権を行使しないことに、了承いただいたものと見なします。

<※必要な範囲>
① Web応募フォームに提出された要旨原稿から要旨集を作成し(フォント、サイズ等の変更含む)、本シンポジウムのホームページにてダウンロード可能な形態で公開のうえ無償提供すること
② 発表スライドをプログラムに応じて結合し、Web会議システムにて表示すること
  • 発表スライドはホームページに掲載いたしません(ダウンロード不可)。
  • 本シンポジウムでは参加者による(発表者による他者の)発表の録画、録音、スクリーンショット保存を禁止します。

発表資料を作成される際には、他者の著作権を侵害しないよう、事前に許諾を得る、著作権上の問題がないものにコンテンツを限るなどご注意ください。また、適切な引用をお願いいたします。