トップページ > 広報活動 > 展示施設 > 地球情報館(横浜研究所) > 休日開館のお知らせ

横浜研究所 休日開館のお知らせ

7月の休日開館は、第20回「海の日」特別行事関連イベントとして開催致します。

横浜研究所 地球情報館は毎月第3土曜日も開館しています。
半球スクリーン、大型スクリーン、3Dスクリーンなどを備えた映像展示室と2階ギャラリーの公開図書館の開館、公開セミナーなどのイベントを開催しています。
JAMSTECグッズ・刊行物も販売しています。

休日開館日の開館時間が変更になりました!

・開館時間  10:00~16:00
・図書館   10:00~16:00
・グッズ販売 10:00~15:30

※イベント等にも変更がありますのでご注意下さい。
公開セミナー
(内容未定)
決定次第ご案内いたします。
時間: 13:30~15:00
公開セミナー
演 題 福島第一原子力発電所事故と海
講演者 熊本 雄一郎
地球環境観測研究開発センター
日 時 2015年7月18日(土) 13:30~15:00
場 所 横浜研究所三好記念講堂(地図
入場料 無料(事前申込みは不要です)

2011年3月11日に発生した東日本大震災によって、福島第一原子力発電所から大量の放射性物質が放出されました。放射性物質に汚染された土地の除染、事故を起こした原子炉の廃炉作業など、私たち日本人が直面する課題は少なくありませんが、海(おもに北太平洋)に放出された放射性物質の挙動を把握し予測することも重要な課題の1つです。福島県の沿岸海域では、海底堆積物中の放射性物質濃度は現在でも事故前より高い状態が続いています。一方で、海水中に溶け込んだ放射性物質は、希釈効果によってほとんど事故前の濃度まで低下してきました。しかし、北太平洋を取り巻く諸外国の人々は原発事故由来の放射性物質がどのように拡がっていくかということに強い関心を持ち続けています。原発事故後JAMSTECを含む多くの研究機関が原発事故由来の放射性物質の海洋における挙動を明らかにするための観測、研究に取り組んできました。その研究成果をご紹介します。

 

キッズタイム
キッズタイム (内容未定)
決定次第ご案内いたします。
キッズタイム
10:15~10:30 ウミホタル実験
10:35~11:05 色をわけてみよう クロマトグラフィー
11:10~11:25 水の力を確かめよう!
~水深1,000メートルの水圧ってどのくらい?~
クイズラリー(全問正解して景品をゲット!)
JAMSTECグッズ販売
グッズ販売 Tシャツやマグカップなど、JAMSTECグッズを販売しています。
時間: 10:00~15:30
図書館
図書館開館
時間: 10:00~16:00
携帯サイト
拠点アクセス

入場料
無料(事前申込み不要)
場所
地球情報館
〒236-0001
神奈川県横浜市金沢区昭和町3173-25
海洋研究開発機構 横浜研究所
交通アクセス

(お問い合わせ)

海洋研究開発機構 横浜研究所

TEL:045-778-3811 E-mail