現在、我が国及び世界各地の様々なセクターにおいて、地球温暖化を引き起こすCO2に関する対応が検討され、CO2の地層貯留(CCS)を含めた様々な実験が進んでいる。
他方、大規模なCO2の貯留のための安定地盤や適地を有しない国々において、CO2の利活用(Carbon Capture and Utilization, CCU)に関する技術開発が加速しつつある。
本シンポジウムでは、国内外のCCS/Uに関する動向や社会的ニーズを共有し、多様な研究インフラ及び研究シナジーを有機的に連動させた包括的基盤研究の推進や研究開発協力等について議論したい。

概要


リーフレット(PDF)

第3回シンポジウム
「海洋科学技術が切り拓く地球環境とエネルギーの未来
 ~CO2回収・利活用技術(CCS/U)のインパクト~」

開催日時
2015年6月24日(水)13:00~17:00(開場12:30)
会場
一橋大学 一橋講堂 中会議場1・2・3・4(定員 130名)
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
学術総合センター内
アクセス
入場料
無料
参加登録
定員に達しましたので、受け付けを終了しました。
共催
国立研究開発法人海洋研究開発機構、日本地球掘削科学コンソーシアム
協賛
石油技術協会
お問い合わせ
国立研究開発法人海洋研究開発機構
シンポジウム事務局
TEL : 045-778-5702
FAX : 045-778-5497
E-mail