開催概要

1~2ヶ月に一回の割合で、インド洋には水平規模が3~5千キロにもなる巨大な積乱雲の塊が発生します。この巨大な雲塊は、時速20キロメートルの速さで赤道を東に進み太平洋にも入ります。これがマッデン・ジュリアン振動(MJO)と呼ばれる赤道に特有の現象です。このMJOがもたらす雨や風は熱帯の天候を左右するだけでなく、エルニーニョ現象や熱帯低気圧の発生、時に日本を含む中緯度での豪雨にまで影響を及ぼすことが報告されています。まだ一般にはあまりよく知られていないこの現象が熱帯気象を理解するうえで、さらには地球全体の気候変動を理解するために大きな鍵を握っているのです。

今回の地球環境シリーズ講演会では、MJOとはどんな現象なのか、現在までにわかっている最新の知見と、研究者がさらなる理解のために何をしようとしているのか解説します。


リーフレット(PDF)
日時:
2014年12月3日(水)
13:00〜17:00(開場12:30)
会場:
ヤクルトホール(東京都港区東新橋1-1-19)【会場地図
参加費:
無料
参加登録:
受け付けを終了しました。
主催:
独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)
後援:
文部科学省
司会:
瀧澤 美奈子氏(科学ジャーナリスト)