開催案内

文部科学省(海洋地球観測探査システム推進本部)は、国家基幹技術「海洋地球観測探査システム」の構築の推進にあたって、本システムが提供する観測データなどに関するユーザーからの幅広いニーズを把握することを目的として、第4回フォーラムを下記の通り開催いたします。

国家基幹技術「海洋地球観測探査システム」は、衛星による全球的な観測・監視技術と深海底下までをカバーする海洋探査技術により得られる各種データを効果的に統合し、社会的・科学的に有用な情報に変換して提供するシステムの構築を目指しています。本システムを構築し、利活用することにより、我が国の地球環境観測、災害監視、資源探査などに貢献することが期待されています。本システムの構築にあたっては、様々なユーザーが必要とする情報が何かを把握するとともに、提供される情報がどのように利活用され、社会還元されるかを常に念頭に置きつつ、研究開発を推進することが重要となります。
第4回フォーラムでは、地球温暖化緩和策とともに関心の高い気候変動適応型社会の実現に本システムも貢献していくため、各分野で気候変動適応に取り組む機関との意見交換を通じて本システムに対するニーズの把握を行うとともに、関係機関間や研究分野間の更なる連携を図ることを目的としています。

開催日時 2009年11月4日(水)13:00〜17:00
場所 東京大学 鉄門記念講堂(定員280名)
東京都文京区本郷7-3-1(東京大学医学部教育研究棟14階)
詳しくは「会場アクセス」をご覧下さい。
主催 文部科学省
独立行政法人宇宙航空研究開発機構
独立行政法人海洋研究開発機構
東京大学
参加登録 ※定員に達しましたので、受付を締め切らせていただきました。