#JAMSTEC From OCEAN 海洋と地球のWEBマガジン

information

年代別で
並び替え

臨時休校YouTubeライブ企画「JAMSTEC”海の”こども質問部屋」アフタートーク(海と地球編)

2020.04.03

新型コロナウイルス感染拡大の影響で学校が臨時休校していることを受けて、JAMSTECの海と地球の研究者、技術者がみんなの疑問にこたえるYouTubeライブを行いました。

ここでは、番組内でお話しきれなった疑問、質問についてもご紹介します。

★今回、相談にのったメンバーはこちらの3人でした。

豊福高志 さん 海洋生物の研究者 得意な分野:海の生き物/好きなもの:有孔虫(ゆうこうちゅう)

外崎 瞳 さん 「しんかい6500」の元副操縦士 得意な分野:「しんかい6500」の操縦/好きなもの:イカ(生きているやつ)

監物うい子 さん 得意な分野: JAMSTECのいろんなこと/好きなもの:ウミウシ

 

=====<海と地球への疑問>=====

海の水はなぜ落ちないの?地球から溢れないの?なぜ地球に張り付いてるの?
(「けい」さん 小学2年生、「tamaki_japan」さん 小学1年生)

豊福:水は雨となって地表に落ちてきます。地球には重力があるので海の水は地球の表面にとどまっていられます。そしてプレートが動いてしずみこむことによって、地球の内部にも水が運ばれていることがわかっています。また、地球温暖化が進むと水蒸気がたくさん発生して宇宙空間に逃げてしまい、地球から水が減ってしまうことを予想している研究報告もあります。

 

海の水はどうして塩味がするの?そして雨や川からの水で味が薄くならないの? いつでも塩辛いのはなんで?
(「けい」さん 小学2年生、「tamaki_japan」さん 小学1年生、「かつき」さん 小学2年生)

豊福:塩の味がするのは塩(塩化ナトリウム)がふくまれているからです。海に塩があるのは、46億年前にできた地球の歴史に関係しています。地球ができた頃は岩石がとけたドロドロのマグマにおおわれていました。やがて冷えてくると、マグマの中の大量の水蒸気が雨になって降ってきました。マグマにふくまれるガスの成分を含んだ、塩酸の雨で、これが塩の成分の半分です。雨が岩石の中のナトリウム(塩の成分の残り半分)を溶かして海にたくさんたまり、海には塩がふくまれるようになったと考えられています。
また、海の水は蒸発して雲になり、雨となったり川から流れて海に戻ってくるので、塩辛くなったり薄くなったりしないのです。

 

海は水以外に何でできているのですか。
(「姫路城築城中さん」小学2年生)

豊福:海の水には塩がふくまれています。他にもマグネシウムやカルシウムなども少し含まれています。海には生き物がいて、海底を作っているのは岩石や泥です。このようなもので海はできています。海の流れや波を生み出すのは風ですから、風や大気も海をつくるものと言えるかもしれません。

 

水は透き通っているのに、深海が暗いのはなぜですか? 海の水は浅い場所、深い場所によって色が違うの?
(「まいまい」さん 小学2年生)

外崎:水が光を吸収するので深くなると光が届かなくなります。だから深海は暗いのです。

 

ヒマラヤ山脈みたいに、もともと海底だったところが隆起してできた山脈は、他にもありますか?
(「小6男子」さん 小学6年生)

豊福:南米大陸のアンデス山脈やヨーロッパのアルプス山脈も、ヒマラヤ山脈と同じようにプレート同士がぶつかってできたもので、海底だったところが隆起した山脈です。また、日本も昔の海底からできている部分が多くあります。

 

熱水噴出口のなかは、どうなっていますか?
(「もっとー」さん 小学2年生)

豊福:熱水噴出孔の中には、熱水の通り道があります。熱水は、海底の割れ目などからしみこんだ海水が、海底の下の深いところでマグマによって温められて、ふたたび海底に上がってきてふき出したものです。熱水は海底下の岩石のいろいろな成分をとかしていて、それが海底から噴き出したときに冷えて固まり、煙突のような岩石になりました。

 

深海ではどうやって酸素が作られますか?
(「そうすけ」さん 小学1年生)

豊福:深海では、太陽の光が届かず植物が生きられないので、酸素は作られません。海面の水が深海に運ばれるときに、そこに含まれている酸素が深海にもたらされます。主に、北大西洋で深海に沈み込みます。その後、大西洋、インド洋を通って、太平洋までやく2000年かけて運ばれていると考えられています。太平洋に届く頃には、海水の酸素も最初よりも減ってしまっています。

 

どうして海は広いんですか
(「かつき」さん 小学2年生)

うい子:地球は丸いので、海辺に立つとどこまでも海が広がっているように見えますね。実際、海は地球の表面の70パーセントもあるので、とても広いのです。

 

自然がなくなったら地球はどうなるの?
(「ハル」さん 小学4年生)

うい子:自然は、生き物も大気も海や川も大地も、うまくバランスが保たれて今の姿があります。自然がなくなってしまってそのバランスが崩れたら、地球が今の姿ではいられなくなってしまうと思います。想像できないけれど、とってもおそろしいですね!
外崎:自然の対義語は人工です。自然がなくなると人工物しかない地球(それを地球と呼べるかは分かりませんが)となります。水や酸素や二酸化炭素など、今の自然が作ってくれている環境バランスを人間だけで生み出すのは不可能なので、人間含め多くの生物や植物が今のようには生きていけないでしょう。

 

<海の生き物への疑問>にもどる

<深海調査への疑問>につづく

 

PAGETOP