トップページ > 広報活動 > 刊行物のご案内 > Jamstec Report of Research and Development 投稿案内

刊行物のご案内

Jamstec Report of Research and Development
投稿案内

投稿案内
投稿規約
執筆・投稿要領
申込書(word:33.5KB)

執筆・投稿要領

平成20年6月4日
改正 平成20年9月24日

1.執筆要領

1.1
使用言語は,英語または日本語とする.
1.2
表紙・表題・要旨について
1.2.1.
表紙には,1)表題,2)著者名,3)所属機関の公式名,4)代表執筆者(Corresponding author)の氏名・所属・住所・電話番号・電子メールアドレス,5)キーワード(5つ程度),6)欄外見出し(短縮した表題)を記載する.これらの記載は4)を除き日本語及び英語とするが,英文での投稿の場合は英文のみで可.現在の所属が研究の行われた場所と異なる場合は付記する.
1.2.2.
著者名及び著者所属先は代表執筆者(Corresponding author)に*を付け,共著者全員の名前と所属部署を1.2.3.…の形式で記述すること.
(例)
海洋太郎1*,東大花子2
1独立行政法人海洋研究開発機構,2東京大学海洋研究所
Taro Kaiyo1* and Hanako Todai2
1Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology, 2Ocean Research Institute, University of Tokyo.
1.2.3.
投稿原稿には,250語程度の要旨を添えること.ただし日本語による投稿の場合には,英文要旨とともに400字程度の日本語要旨を添えること.

2.本文執筆要領

2.1.
原稿の大きさはA4判とする.ワープロを使用し,英文はダブルスペースとする.
2.2.
ページ数は,刷り上がりで原則として,16ページを超えない事(日本語本文1ページの文字数は約2500字程度、英文本文1ページの文字数は約1000語程度(図・写真等なしの場合)を目安とする).
2.3.
章,項,目の表題には通し番号を付ける.番号は,次のような順番とする.

1.
1.1.
1.1.1.
(1)

2.4.
単位はSI系(国際単位系)を使用することを原則とする.
2.5.
日本語原稿の場合の句読点はカンマ(,),ピリオド(.)とする.
2.6.
特殊な字体がワープロで出力できない場合には字体の指定は以下の要領で著者が行う.
(1)
イタリック字体:赤で1本の下線
(2)
スモールキャピタル字体:赤で2本の下線
(3)
ボールド字体・ゴシック字体:赤で波形の下線
(4)
H2O,Al2O3,m3などのサフィックス(添字)は,ワープロで添字出力のない場合は,赤で上付き(∨)下付き(∧)の指示をすること.
2.7.
図・表および写真
2.7.1.
図と表は原則的に英文で書き,その説明は日本語及び英語とし,本文での引用はFig.およびTableとする.ただし英文での投稿の場合は英文のみで可.なお,写真は「図」の中に含める.
2.7.2.
図表の大きさは,横幅8cm(1段の幅)を基準とする.実験装置や特に重要な結果を示す図は大きめに作成する.図表の最大横幅は,2列の幅(17cm)とするが,これを超えるものは原稿用紙を横長に使用し,最大21cmを限度(この場合には,最大縦幅17cm)とする.電子投稿の際には,投稿時点では,判読可能な程度に画質を落としてもよいが,最終原稿提出時に高品質画質のファイルを求める場合がある.図内の文字,記号等は縮尺を考えて十分大きく書く.著者は印刷仕上がりの状態を,実寸大の図表を作成して確認しておくことが望ましい.
2.7.3.
図や写真の実寸の指示は,何分の1としないで,スケール棒で示した尺度をつける.
2.7.4.
図および表の原稿は,各図表の表題を別の用紙に書き,まとめて投稿原稿の末尾にとじる.
2.7.5.
図表については白黒,カラーの制限はない.ただし,カラー図表の色合いを正確に印刷する必要がある場合は,CMYKカラーで図表を作成すること.
2.8.
文献の引用
2.8.1.
本文中で文献を引用する際は,姓(年)または(姓,年)とする.ただし,複数の同姓の著者が2名以上引用されている場合は姓名を完記する.3名以上の共著文献の場合は,筆頭著者の姓の次に「ほか」または「et al.」をつけ省略した形とする.
(例)
Sakai and Nagasawa (1958) によれば・・・・,長島・千葉 (1965) によれば・・・・,・・・・である(Ringwood, 1977;一国ほか,1972; Kitano et al., 1975;気象庁,2006).
2.8.2.
引用文献の記載については著者の“ABC”順とし,英語・日本語混在表記とする.雑誌等の場合は著者(出版年)論文名,雑誌名と巻号(イタリック体で記載),ぺージ,DOIの順に記載し,DOIがある場合は任意に記載する.図書の場合は著者(出版年),論文名,図書に関する事項,ページを記載する.
(例)
Garcia-Lafuente, J.,J. DelRio, E. Alvarez Fanjul,and J. Delgado (2004),Some aspects of the seasonal sea level variation a around Spain, J. Geophys. Res., 109, C09008, doi:10.1029/2003JC002070.
平田 尚(2002),地震はどこに発生するか,菊池正幸(編)「地核ダイナミクスと地震発生」,朝倉書店,12-27.
Ishii, M., M. Kimoto, and M. Kachi (2006),Steric sea level changes estimated from historical ocean subsurface temperature and salinityanalysis,J. Oceanogr., 62, 155-170.
河角 宏(2000),再び数年間における著名な地震について,日本地震学会講演予稿集,No.24, 11pp.
Klees, R., E. A. Zapreeva, H. C. Winsemius, and H. H. G. Savenije (2007) ,The biaa ib the GRACE estimates of continental water storage variations,Hydrol. Earth Syst. Sci., 11, 1227-1241.
地震調査研究推進本部委員会(2005),「全国を概観した地震予測地図」報告書,<http://www.jishin.go.jp/main/>(参照2006-1-21).
2.8.3.
同一著者の同一年の2つ以上の文献を引用する場合は,年にa, b, ・・・・をつける.例えば1992a,1992b など.
2.9.
脚注はなるべく避けること.

3.投稿要領

3.1.
英文投稿の場合は,投稿前にネイティブスピーカーまたは英文論文に堪能な研究者等のチェックを受けること.
3.2.
申込書を添えて,上記要領を充足するPDFファイル(図,表は1点につき1ページとし,原稿巻末に付け加える)をメール添付で編集委員(JAMSTEC-R@jamstec.go.jp)へ送付する.
3.3.
査読結果が出てから原則として一ヶ月以内に,修正原稿の再提出,もしくは原稿の取り下げの旨の連絡を編集委員会にすること.
3.4.
査読を通過し受理された論文については,印刷のために必要な高解像度な画像等を著者に要求することがある.
3.5.
著者校正は基本的にPDFで行うが,図表や数式の確認等,必要に応じて出力紙での校正も行う.
3.6.
著者は初校が到着後7日以内に返信(返却)すること.
3.7.
再校は必要に応じて行う.
3.8.
代表執筆者が不在の場合は,共著者等が責任をもって校正できることとし,内容については,著者全員が責任を持つものとする.
3.9
提出された原稿は,原則的に返却しないものとする.
3.10.
別刷りは50部まで無料とし,それ以上は著者の負担とする.
※ 3.10.について、第21号から廃止予定です。

問い合わせ先

JAMSTEC-R編集委員会事務局(研究推進部 研究推進第2課)
TEL:046-867-9969 FAX:046-867-9975
E-mail:JAMSTEC-R@jamstec.go.jp
〒237-0061 神奈川県横須賀市夏島町2番地15 海洋研究開発機構 横須賀本部図書室