トップページ > 広報活動 > 海洋と地球の学校 > 平成20年度 第1回「海洋と地球の学校」参加者募集

21世紀の海洋研究を担う大学生(短期大学、高等学校専攻科を含む)及び大学院生を対象に、海洋と地球の学校(旧称:海洋科学技術学校)を年間2回開催しております。
今年度の第1回目は、「海洋地球科学と野外科学の基礎」〜極地から観た地球環境〜をテーマに開催いたします。

主旨  独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、我が国を代表する海洋研究機関です。ここでは世界最高の潜水能力を有する有人潜水船「しんかい6500」等による深海調査や「地球シミュレータ」による地球温暖化の解明、また、地球深部探査船「ちきゅう」が竣工し地球深部の解明など、全地球的についての調査・研究やこれらに必要な機器の開発を行っています。
 「海洋科学技術学校」は、21世紀の海洋科学技術の研究・開発を担う大学生及び大学院生を対象とした体験学習プログラムであり、平成11年度から年2回開催しています。これまでに、海洋観測技術、温暖化、深海生物、地震、海洋工学などをテーマに開催してきました。また、研究施設の見学も行っています。前回第18回は、2008年は「国際サンゴ礁年」にあたり、これらのことに鑑み「美ら海のサンゴ礁と地球環境変動」をテーマに、日本におけるサンゴ礁研究のメッカである沖縄で開催致しました。
 本年度から学校の名称を「海洋と地球の学校」に改め21世紀の海洋科学技術の研究・開発を担う大学生及び大学院生を対象として広く機構のしくみや研究の成果を普及・広報すること、教育・育成することを目的として出発します。そのために海洋科学と野外科学の基礎と応用そして機構の最先端研究の紹介及び野外巡検などの体験学習を含めたプログラムを実施します。また本年度は、「国際極年」にあたるため極地の科学と地球史を通した地球環境変遷などの特別テーマを含め開催します。更に、このプログラムは地域の一般の人にも公開する予定です。
協力 国立極地研究所、神奈川県立生命の星・地球博物館、新江ノ島水族館、葉山しおさい博物館、日本海洋事業株式会社、京急油壷マリンパーク(順不同)
開催期日 平成20年8月26日(火)〜29日(金)(4日間)>> スケジュールはこちら
開催場所 ・独立行政法人海洋研究開発機構 横須賀本部
 神奈川県横須賀市夏島町2-15 [地図]
(広報課)TEL 046-867-9062 FAX 046-867-9055

・独立行政法人海洋研究開発機構 横浜研究所
 神奈川県横浜市金沢区昭和町 3173-25 [地図]
(広報課)TEL 045-778-5958 FAX 045-778-5498
募集人員 24名(宿泊者)その他通う人 合計30名程度
応募資格 大学生及び大学院生(短期大学、高等学校専攻科を含む)
* 専門分野は問いません。
テーマ 「海洋地球科学と野外科学の基礎」
〜極地から観た地球環境〜
※詳細は「講義内容と講師」(予定)をご覧下さい。
基本参加費 約13,000円(巡検費、昼食交流会費)
 (開催場所までの交通費は各自負担)
※宿泊参加者は、基本参加費に約10,000円の追加
 (3泊4日宿泊費、食費)
応募方法 「海洋と地球の学校」参加申込用紙に必要事項をご記入の上、応募動機の作文(題名は自由、400字以内)を添付してご郵送下さい。

「海洋と地球の学校」参加申込用紙 [PDF:51KB]
応募締切 平成20年8月20日(水)必着
※応募者多数の場合は、8月20日以前でも締切る場合があります。
※決定の通知と参加者への詳細な資料は、開催日前までに着くように発送致します。
応募・問い合わせ先 独立行政法人海洋研究開発機構 海洋地球情報部 広報課
海洋と地球の学校 事務局 設楽(しだら)、田中
〒237-0061 神奈川県横須賀市夏島町2-15
TEL:046-867-9062、9051 FAX:046-867-9055
次回開催予定 高知コア研究所、テーマは未定です。
第20回(平成20年度第2回)は、平成21年3月末の4日間を予定しています。