研究プラットフォーム運用開発部門
Institute for Marine-Earth Exploration and Engineering (MarE3)

地球深部探査船「ちきゅう」

海底下を深く掘ることができる船

海底下をより深く掘削するために、世界で初めてライザー掘削技術を導入した科学掘削船で国際深海科学掘削計画(IODP: International Ocean Drilling Program)の主力船として調査を行っています。ドリルパイプを直接海中に降ろして掘削するライザーレス掘削も可能です。
科学掘削における世界最高の掘削能力(海底面下7,000m)を有しており、今まで人類が到達できなかったマントルへの掘削を目標としています。その他に、震源まで掘削した孔に観測装置を設置し、モニタリングすることで巨大地震発生メカニズムの解明や、生命の起源及び地球環境の変動の解明に関する掘削作業を行っています。

地球深部探査船 「ちきゅう」の画像

主要設備

地球深部探査船 「ちきゅう」の主要設備画像

1デリック

デリックの説明画像

船の中央部にあるやぐら(デリック)には一本約9.5mのドリルパイプを4本に繋いだ状態で立てかけておくことができます。デリック下にある掘削フロアではドリラースハウスで掘削機器を操作し、ライザーパイプ、ドリルパイプ及びケーシングパイプを組み立てやドリルパイプを降下・回転させて掘削作業を行います。連続的に地質試料(コア)を採取する掘削作業も可能で試料は掘削フロアで回収されます。

掘削技術についてさらに詳しく

2研究区画(ラボ)

研究区画(ラボ)の説明画像

回収された地質試料(コア)は速やかに研究区画(ラボ)へ運ばれます。

研究区画についてさらに詳しく

研究船の概要に戻る