開催報告

平成28年3月8日および9日に、研究船を利用した研究成果の発表会である「ブルーアース2016」を国立大学法人東京海洋大学品川キャンパス(東京都港区)にて開催し、両日合わせて口頭60件(昨年59件)、ポスター81件(昨年82件)の発表がありました。

今回は今年度で退役となる「なつしま」「かいよう」を取り上げた特別セッションを設け、研究船ユーザーからの「なつしま」「かいよう」の思い出深い話や、30年以上に亘る数多の研究航海の中から特に大きな研究成果について発表があり、2船の功績・思い出を振り返りました。

また、「深海底における海洋の科学的調査」と題し、海上保安大学校の下山憲二准教授による基調講演を実施しました。
深海底における海洋の科学的調査を円滑に実施するため、国際法における海洋の科学的調査制度の基本原則や、今後発生することが予想される問題点等についてご講演頂きました。

本年も運航管理部セッションを実施し、運航管理部の各担当より課題採択率や航海実績、航海内訳(所内・公募・受託)の変遷、H27年度の研究航海に関するトピックス、船舶および探査機の機能向上・老朽化に係わる工事、特別採捕許可申請、データ・サンプルの取扱いにおける注意点等について公募利用者向けの報告を行いました。

大学や研究機関、企業などから両日合わせて730名(昨年765名)の参加があり、今年も研究分野の枠を超えた活発な情報交換が行われました。


開会式

運航管理部セッション

基調講演

懇談会

口頭B会場

ポスター会場

若手奨励賞受賞者

(1日目)

BE16-P32
受賞者:東京海洋大学大学院 井川かなえ
BE16-P39
受賞者:広島大学大学院 自見直人

(2日目)

BE16-P49
受賞者:静岡大学 大家翔馬