JAMSTEC > 開発・運用部門 > 海洋工学センター > 研究船・深海調査システム > 研究船

海洋工学センター

研究船

退役した研究船

 

各研究船の主要目、装備等
  よこすか かいれい みらい かいめい 白鳳丸 新青丸
運用主目的 潜水調査船
支援母船
大水深海底
調査
外洋域での
海洋調査
海底資源調査 外洋域での
海洋調査
東北マリンサイエンス拠点形成事業
竣工年 1990年 1997年 1997年 2016年 1989年 2013年
全長×幅 105m×16m 106m×16m 128m×19m 100.5m×20.5m 100m×16m 66m×13m
国際総トン数 4,439トン 4,517トン 8,706トン 5,747トン 3,991トン 1,629トン
満載喫水 4.7m 4.7m 6.9m 6.0m 6.3m 5.0m
出力/軸馬力 3000ps×2/
2206kw×2
3000ps×2/
2206kw×2
1838kw×4 2,400kw×2, アジマス推進器(2基) 1900ps×4/ 1300kw×2 
アジマス推進器(2基)
航海速力 16ノット 16ノット 16ノット 12ノット 16ノット 12ノット
乗員(うち研究者等) 60名
(15名)
60名
(22名)
80名
(46名)
65名
(38名)
89名
(35名)
41名
(15名)
主要な装備 MBES/SBP
ADCP
重力計
磁力計
音響航法装置
XBT/XCTD
MBES/SBP
MCS
重力計
磁力計
観測ウィンチ
音響航法装置
XBT/XCTD
MBES/SBP
採水システム
ADCP
ドップラーレーダ
観測ウィンチ
重力計
磁力計
ラジオゾンデ
気象観測装置
音響航法装置
XBT/XCTD
CTDシステム
MBES/SBP
重力計
磁力計
CTDシステム
採水システム
XBT/XCTD
観測ウインチ
ADCP
音響測位装置
気象観測装置
3モード対応地震探査システム
40mピストンコアラーシステム
海底設置型掘削装置
パワーグラブ
3,000m級ROV
試料分析・実験用コンテナラボ
試料分析・実験用機器
減揺装置
船内無線LAN
DPS
PDR
MBES
SBP
CTDシステム
採水システム
観測ウィンチ
ADCP
重力計
XBT/XCTD
計量魚群探知機
音響測位装置
気象観測装置
MBES/SBP/PDR
重力計
磁力計
XBT/XCTD
CTDシステム
採水システム
観測ウィンチ
音響測位装置
計量魚群探知機
気象観測装置
可搬型観測装置
(クリーンラボ,
ゾンデコンテナ,
SCS/MCSエアガンコンプレッサー)
DPS
船舶の特徴 しんかい6500、うらしま母船 かいこう7000母船
海底下深部構造の探査
北極海等での海洋観測,西大平洋・インド洋・熱帯域のブイの展開 3モード対応MCS、海底試料サンプリング装置など搭載 長期航海
全国(大学)共同利用による汎用調査船
全国(大学)共同利用による汎用調査船
建造会社(現社名) 川崎重工業(株) JMU(株)
三菱重工業(株)
三菱重工業(株)
運航委託会社 日本海洋事業(株) 自主運航 日本海洋事業(株)
調査支援会社 日本海洋事業(株)
(株)マリン・ワーク・ジャパン
ADCP:音響ドップラー流向流速計 MBES:マルチビーム音響測深器 SCS:シングルチャンネル音波探査装置
DPS:自動船位保持システム SBP:サブボトムプロファイラ MCS:マルチチャンネル反射法探査システム

 

運航線表・調査課題一覧

平成28年度 H28.4.12更新

平成27年度 H28.4.14更新

平成26年度 H27.4.3更新

平成25年度 H26.3.31更新

平成24年度 H25.5.13更新

平成23年度

平成22年度

平成21年度

平成20年度