JAMSTEC > 基幹研究領域 > 数理科学・先端技術研究分野(MAT) > メンバー > 桑野修

数理科学・先端技術研究分野(MAT)

研究者紹介

桑野 修(Osamu Kuwano)

photo

研究員
国立研究開発法人 海洋研究開発機構
数理科学・先端技術研究分野

〒236-0001 神奈川県横浜市金沢区昭和町 3173-25
kuwano_at_jamstec.go.jp


Short CV

Research Interests: 粉体・岩石・断層の破壊と摩擦 / 実験地震物理学

Employment

2012年4月〜現在 海洋研究開発機構 研究員
2008年4月〜2012年3月 東京大学地震研究所 特任研究員
2005年4月〜2008年3月 日本学術振興会 特別研究員 DC1 東京大学
2015年4月〜2016年3月 宇都宮大学 非常勤講師 (地震の科学と防災)

Education

2005年4月〜2008年3月 東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士課程
2003年4月〜2005年3月 東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 修士課程

Grants

2016年度〜2017年度 JSPS Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research, #16K13877 (代表)
2015年度〜2016年度 JSPS Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research, #15K13561 (分担)
2014年度〜2016年度 平成26年度 海洋研究開発機構 研究開発促進アウォード (代表)
2014年度〜2016年度 JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (B), #26282043 (分担)
2013年度〜2015年度 JSPS Grant-in-Aid for Young Scientists (B), #25800257 (代表)
2011年度 FGI Grant-in-aid, Fukada Geological Institute (代表)
2009年度〜2010年度 JSPS Grant-in-Aid for Young Scientists (Start-up), #21840022 (代表)
2005年度〜2007年度 JSPS Grant-in-Aid for JSPS Fellows (DC1), #05J11788 (代表)

Awards

2015年 平成26年度東レ理科教育賞奨励作

Research Topics

粉体の摩擦
地震とは破壊と摩擦不安定をともなう断層の高速すべりであり、そのダイナミクスは断層の摩擦法則によって支配されている。 断層は過去の断層運動で生成した粉砕物・断層ガウジを含んでいるので、粉体の摩擦をその構成則から理解することが重要である。 本研究では断層すべりを支配する摩擦法則を室内実験により研究している。 関与する物理過程を制御し本質を抜き出すことにより、現象論の抽出とその理論的解明を目指している。

<粉体層の摩擦実験>

動的な地震現象の理解のための実験教材の開発
地球物理学の中でも地震学で扱う現象は視認しにくく、断層破壊や波動伝播に関する動的な実験教材は非常に少ない。 ハイドロゲルを利用して断層の動的破壊や地震波伝播などの現象を実際に見て触って実感できる新しい実験実習教材を開発している。
<室内地震探査実験装置>

Publications

Papers (peer-reviewed)

  • Kuwano, O., S. Yoshida, M. Nakatani, and M. Uyeshima (2015), Origin of transient self-potential signals associated with very long period seismic pulses observed during the 2000 activity of Miyakejima volcano, J. Geophys. Res. Solid Earth, 120, doi: 10.1002/2014JB011740.
  • Kuwano, O., R. Ando, and T. Hatano (2013), Granular Friction in a Wide Range of Shear Rates, AIP Conf. Proc. 1542, 32-37, doi:10.1063/1.4811863.
  • Kuwano, O., R. Ando, and T. Hatano (2013), Crossover from negative to positive shear rate dependence in granular friction, Geophys. Res. Lett., 40, 1295-1299, doi:10.1002/grl.50311.
  • Hatano, T., and O. Kuwano (2013), Origin of the velocity-strengthening nature of granular friction, Pure and Applied Geophysics, doi:10.1007/s00024-011-0409-9.
  • Kuwano, O., and S. Yoshida (2012), Changes in electrokinetic coupling coefficients of granite under triaxial deformation, International Journal of Geophysics, Vol.2012, 290915.
  • Kuwano, O., and T. Hatano (2011), Flash weakening is limited by granular dynamics, Geophys. Res. Lett., 38, L17305, doi:10.1029/2011GL048530.
  • Kuwano, O., M. Nakatani, and S. Yoshida (2007), Reply to comment by A. Revil on 'Effect of the flow state on streaming current', Geophys. Res. Lett., 34, L09312, doi:10.1029/2006GL029136.
  • Kuwano, O., M. Nakatani, and S. Yoshida (2006), Effect of the flow state on streaming current, Geophys. Res. Lett., 33, L21309, doi:10.1029/2006GL027712.