INDEX][文献リスト][ソフトウェア][サイトポリシー][お問い合せ][DB利用登録][リンク][FAQ

 

KR12-10

調査名
平成24年度 日本海東縁ひずみ集中帯における地震探査調査研究
航海名
KR12-10
調査期間
2012年4月2日~2012年5月13日
調査海域
日本海東縁・秋田県沖~北海道南西沖/房総沖・三陸沖
首席研究員
野 徹雄
観測船
深海調査研究船「かいれい」
観測仕様
測線情報
測線名
探査方法
基本情報
  a:測線長,b:発振間隔,c:OBS設置台数,d:OBS設置間隔(平均)
File No.-SP No.対応表(MCS)
MCS
a 146.35km・ b 50m
MCS
a 117.15km・ b 50m
MCS
a 180.25km・ b 50m
MCS
a 42.15km・ b 50m
MCS
a 150.05km・ b 50m
MCS
a 109.85km・ b 50m
MCS
a 148.10km・ b 50m
MCS
a 218.30m・ b 50m
MCS
a 228.25km・ b 50m
OBS
a 234.8km ・ b 200m・ c 46台 ・ d 5km
MCS
a 177.65km・ b 50m
MCS
a 191.90km・ b 50m
MCS
a 119.70km・ b 50m
MCS
a 114.85km・ b 50m
MCS
a 15.45km・ b 50m

備考:
・EMJS1205(50m発振)とEMJS1205obs(200m発振/ストリーマー曳航なし)は同じ測線。
・房総沖・三陸沖での自然地震観測用OBSおよび海底圧力計の設置も実施。

  

測線名をクリックすると断面図が出ます。(断面図がリンクされている場合のみ)

Copyright 2018 JAMSTEC. ALL Rights Reserved.


INDEX][文献リスト][ソフトウェア][サイトポリシー][お問い合せ][DB利用登録][リンク][FAQ