本ウェブページではJavaScriptを使用しております。
現在ご利用の環境ではJavaScriptが無効となっており、正しくページの表示をすることが出来ません。

ご利用のウェブブラウザがJavaScriptに対応している場合は、有効に設定のうえご覧下さい。

MCS探査一覧

MCS survey list

MCS探査一覧

MCS(マルチチャンネル反射法地震探査)

反射法地震探査とは、人工震源を用いる地震波構造探査の一つで、地下の様々な構造から反射してきた地震波を用いて、地下構造を断面図で捉える調査です。
マルチチャンネル反射法地震探査(MCS:Multi-Channel Seismic survey)では、人工震源にエアガンを用います。 エアガンで音波(地震波)を発震し、海底やその下の地層境界面で反射して戻ってきた波を観測船から曳航しているストリーマーケーブルに入った多数の受振器(ハイドロフォン)で受振します。 その記録を解析することによって、海底下の構造を断面図としてイメージングすることができます。

MCS探査一覧