ポスト「京」重点課題4 「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」第2回成果報告会
文部科学省委託事業 ポスト「京」重点課題4「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」では、豪雨や台風でもたらされる自然災害による犠牲者ゼロ社会の実現を目指し、観測ビッグデータを活用した最新データ同化技術を導入して、リードタイム(予報をしてから現象が発生するまでの時間)を長く確保するための技術研究開発を行っています。
本課題で得られた知見および成果を気象庁関係者と共有することにより、将来的には気象庁の予報業務の精度向上への直接的な貢献を目指すとともに、気象庁関係者をはじめ気象研究者のコミュニティ、自治体関係者、一般企業等の関連分野の専門家に対し、広くご紹介いたします。

本成果報告会は一般の方のご参加も受け付けておりますが、専門性の高い講演内容となります。ご注意ください。
日時:平成29年12月21日(木)10:00~17:15(開場9:30)

会場:気象庁 講堂
東京都千代田区大手町1-3-4 2F[アクセスマップ]

成果報告会タイトル:
ポスト「京」重点課題4「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」
第2回成果報告会

お申込み(参加費無料・事前登録制)
お申し込みフォーム

プログラム:

09:30~10:00 開場・受付開始
10:00~10:05 開会挨拶
東 垣(海洋研究開発機構 理事)
10:05~10:10 挨拶
気象庁気象研究所(予定)
10:10~10:20 課題紹介
高橋 桂子(海洋研究開発機構 ポスト「京」重点課題4責任者)
10:20~12:30 サブ課題A
サブ課題紹介 瀬古 弘(海洋研究開発機構/気象庁気象研究所)
 発表者
  栃本 英伍 (東京大学)
  河合 英徳 (東京工業大学)
  小槻 峻司 (理化学研究所AICS)
  本田 匠  (理化学研究所AICS)
  大泉 伝  (海洋研究開発機構)
  伊藤 耕介 (琉球大学)
12:30~13:20 休 憩
13:20~14:30 サブ課題B
サブ課題紹介 佐藤 正樹(東京大学)
 発表者
  山田 洋平 (海洋研究開発機構)
  宮川 知己 (東京大学)
  大野 知紀 (海洋研究開発機構)
14:30~14:40 休 憩
14:40~15:50 サブ課題C
サブ課題紹介 滝川 雅之(海洋研究開発機構)
 発表者
  鈴木 健太郎 (東京大学)
  関谷 高志  (海洋研究開発機構)
  眞木 貴史  (気象庁気象研究所)
15:50~16:00 コデザイン
八代 尚(理化学研究所AICS)
16:00~16:10 休 憩
16:10~17:10 意見交換会
17:10~17:15 閉会挨拶
高橋 桂子(海洋研究開発機構 ポスト「京」重点課題4責任者)
                                  プログラム内容は変更になる場合がございます。

主催:国立研究開発法人海洋研究開発機構
共催:気象庁気象研究所
お問い合わせ先(成果報告会事務局)
国立研究開発法人海洋研究開発機構 地球情報基盤センター
TEL:045-778-5753 FAX:045-778-5491
電子メール:pi4-contact@jamstec.go.jp
Website:http://www.jamstec.go.jp/pi4/ja/