JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > 採用情報 > 募集要項

採用情報

臨時研究補助員の公募情報

募集職種 臨時研究補助員(等級3) 1名(AKR-017)
募集対象部署 地球環境部門 海洋生物環境研究センター 海洋プラスチック動態研究グループ
募集内容 海洋研究開発機構 地球環境部門 海洋生物環境研究センター(センター長:藤倉 克則) 海洋プラスチック動態研究グループでは、今中長期計画目標のために、このたび下記の要領で海洋プラスチック動態研究に従事する臨時研究補助員1名を募集します。

【業務内容】
研究者の指示にしたがい、海洋調査で得たマイクロプラスチックの測定とデータ解析を実施する。またソーシャルネットワーク(SNS)等を通じた研究成果の一般への発信を担当する。
・ 実験室におけるマイクロプラスチック サンプルの下処理、キュレーション
・ FTIRや、新規の測定機器を用いたマイクロプラスチックの分析と、データ解析
・ 海外研究機関との共同研究に伴う、資料作成等の業務補助
・ プロジェクト推進のため、SNSやウェブサイトを通じた成果の一般への発信

【関連する専門分野】
海洋環境科学、海洋生態学、分析化学、海洋科学リテラシー、科学コミュニケーション
職種 臨時研究補助員(等級3)
担当する研究分野に関する専門知識及び技能を必要とする業務又は、業務の適正化及び効率向上のための、業務全般に関する改善の検討及び提案が必要とされる業務を行う。

※雇用期間中に組織改編等行われた場合は、配属先が変わる場合があります。
応募資格 【学歴】
大学卒業以上

【必須経験・資格】
海洋観測で得た生物/非生物試料の取扱いや分析の経験があり、ラボワークや、データ解析と視覚化の基本を身につけていること。
マイクロプラスチックの分析経験があれば望ましいが必須ではない。
新たに開発中の機器を用いた分析も担当するため、その手法に関しては、研究者が指導する。
海外との共同研究の補助をスムーズに行える程度の英語の読み書き会話能力と、SNSを使用したコミュニケーションの能力があること。

【その他】
※国籍・性別を問いません。プラスチック汚染を含む海洋環境問題や、生態系保全に関心が高い方の応募を特に期待します。
勤務地 国立研究開発法人海洋研究開発機構
 横須賀本部 横須賀市夏島町2番地15
採用形態 【募集人数】 1名
【雇用形態】 任期制職員 非常勤
【勤務時間】 週5日(週35時間)
       9:00~17:30の間で応相談(休憩 45分)

【雇用期間】 2020年4月1日~2021年3月31日
※通算雇用継続期間は3事業年度(2023年3月31日)を限度とします。

※着任日は応相談
※1回の雇用期間を1事業年度とし、以後中長期計画の進捗状況と勤務実績等により契約更新を可能とします。
※定年制職員への移行審査資格はありません。

給与
時給 2,250円
※この他、必要に応じて超過勤務手当を支給
※昇給、賞与および退職金はありません。
福利厚生 (1)規程に基づき通勤手当を支給します。
(2)条件により各種保険(健康保険、厚生年金保険、企業年金基金、雇用保険、労災保険等)が適用されます。
(3)職員等の相互扶助及び福利厚生の増進を図るための共済会制度があります。
(4)民間賃貸住宅の社宅貸与制度は対象外となります。
(5)土日祝祭日・年末年始・年次有給休暇・特別有給休暇を休日及び休暇とします。介護休業・育児休業等の制度があります。
応募方法 【応募書類】
1) 履歴書  1通
※様式自由 連絡先Eメールアドレス記載のこと。
2) 職務経歴書  1通

【提出方法】
Eメール

【Eメール送信先】
recruit-app[at]jamstec.go.jp
※送信時は、[at]をアットマークに変え、件名を「RIGC AKR-017 応募」としてください。
※書類はすべてPDFフォーマットに変換して添付ファイルで送信してください。
※1通につき25MBまで受信可能です。

※書類選考通過者に面接を行い、採用を決定します。
応募締切 2020年2月28日(金)13:00 (JST/日本時間)必着
お問い合わせ先 国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部 人事任用課 採用担当
TEL 045-778-5788  FAX 045-778-5744
Eメール: recruit-app[@]jamstec.go.jp
※Eメールによる問い合わせの際は、[at]をアットマークに変え、件名を「RIGC AKR-017 公募について」として下さい。
注意事項 (1)提出書類は厳正に管理します。また、お預かりする個人情報は、採用選考並びに採用内定もしくは入社後の人事管理等の目的のみに使用し、他の目的では一切使用いたしません。
(2)週の勤務時間数によっては採用内定時に健康診断書を提出していただくことがあります。
(3)応募後に辞退される場合は、上記問い合わせ先までご連絡ください。
(4)上記各条件は、公募開始時点におけるものです。
(5)日本語を母国語としない場合、業務時の使用言語は英語です。
(6)当機構の職員については、本公募に合格し臨時研究補助員として採用された場合、現状の雇用条件と比べて不利益となる可能性がありますので、応募時に必ず人事部人事任用課長まで連絡し、説明を受けるようにしてください。
付記 本公募では、男女平等の理念のもと、女性の社会進出を推進するという日本政府の方針に準拠して、多数の女性の積極的な応募を期待するとともに、男性候補者と女性候補者の業績および人物評価が同等であった場合は、女性を優先して採用します。