JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

トップページ > 採用情報 > 募集要項

採用情報

研究系職員の公募情報

募集職種 研究員・技術研究員・ポストドクトラル研究員のいずれか 1名
募集対象部署 地球環境部門 地球表層システム研究センター 物質循環・人間圏研究グループ
募集内容 海洋研究開発機構では、下記のいずれかの研究に携わる研究員・技術研究員・ポストドクトラル研究員のいずれか1名を募集します。

当機構 地球表層システム研究センターで行っている研究の詳細につきましては、ウェブページ
http://www.jamstec.go.jp/ess/j/
をご覧ください。

【研究内容】
気候変動や地球環境変動の原因となる大気中微量物質の循環に関し、先端的なモデリング技術開発に立脚して、人間活動からの排出を含む諸プロセスを解明するための研究開発業務。本研究開発により、人間活動と地球表層システムの相互作用を解明して、IPCC報告書やSDGs等を念頭に、排出削減政策合理化などへ向けたエビデンスを提供することを目指します。例えば、数値モデリングへの衛星観測の統融合や、データ同化手法の開発など、スーパーコンピュータ等を活用した研究開発が挙げられますが、その他、関連するイノベーション創出のための提案を広く歓迎します。また、当グループや機構で実施しているSLCPs(短寿命気候汚染物質類)などの観測との連携を通じ、大気海洋物質循環や生態系との関わりといった自然プロセスに関する解析にも貢献し、地球サブシステムを横断した新知見創出に取り組める方を歓迎します。

【関連する専門分野】
大気化学、計算科学、物質循環学、地球物理学、環境学など、地球科学に関連するすべての自然科学分野
職種 研究員:機構業務への貢献のため、自立した研究者として、当該分野において世界をリードする研究を行い、主に主著論文を中心とした成果が期待されます。

技術研究員:機構業務への貢献のため、研究開発、技術開発、 技術革新等を中心とした業務を行います。

ポストドクトラル研究員:上長の指示の下に認められた自らの研究課題を自主的に遂行し、本人の研究資質を向上させることを目的として採用します。


※雇用期間中に組織改編等行われた場合は、配属先が変わる場合があります。
※採用時の職種については、当機構規定により決定いたします。
応募資格 【学歴】
研究員:当該研究に関連する分野の博士号取得者。研究員にふさわしい研究業績を有する者。

技術研究員:当該研究もしくは研究開発に関連する分野の博士号取得者。技術研究員にふさわしい研究業績を有する者。

ポストドクトラル研究員:関連分野の博士号取得者(採用日までに取得見込みの者を含む)。
博士号を取得した年度の末日から採用までが5年以内である事。

※国籍・性別を問いません。
勤務地 国立研究開発法人海洋研究開発機構
横浜研究所 神奈川県横浜市金沢区昭和町3173-25
採用形態 【募集人数】 1名

【雇用形態】 任期制職員
研究員・技術研究員:定年制職員への移行審査資格あり
ポストドクトラル研究員:定年制職員への移行審査資格なし

【勤務時間】 裁量労働制

【雇用期間】
※着任日は応相談 
※当機構の規定に基づき、事業年度中に65歳に達する時は当該事業年度末日をもって雇用契約を終了といたします。本期日については、今後変更する場合があります。

研究員・技術研究員:2019年8月1日~2024年3月31日 
※1回の雇用期間を最長5事業年度とし、以後更新は行いません。
※上記雇用期間中において、評価を受けて頂き、任期の定めのない雇用形態(雇用期間は満60歳に達する事業年度末日まで。ただし、定年後の再雇用を含めた場合には満65歳に達する事業年度末日まで)へ移行できる可能性があります。制度の詳細については、個別にお問い合わせください。

ポストドクトラル研究員:2019年8月1日~2020年3月31日
※1回の雇用期間を1事業年度とし、契約を更新することができるものとしますが、通算雇用継続期間は3事業年度(2022年3月31日)を限度とします。
※定年制職員への移行審査資格はありません。
給与 年俸制(1/12を月々支給)
[参考年俸]
研究員・技術研究員:600万円程度        
※最終的には経験・能力などを考慮の上、当機構規定により決定します。  
※賞与、退職金はありません。

ポストドクトラル研究員:525万円
※ 昇給、賞与および退職金はありません。
福利厚生 (1)規定に基づき赴任旅費を支給します。
(2)通勤手当を支給します。
(3)各種保険(健康保険、厚生年金保険、企業年金基金、雇用保険、労災保険等)を完備しています。
(4)職員等の相互扶助及び福利厚生の増進を図るための共済会制度があります。
(5)民間賃貸住宅の社宅貸与制度があります。(規定に準じます。)
ポストドクトラル研究員は、民間賃貸住宅の社宅貸与制度の対象外となります。
(6)土日祝祭日・年末年始・年次有給休暇・特別有給休暇を休日及び休暇とします。介護休業・育児休業等の制度があります。
応募方法 【応募書類】
※書類に不備がないよう、必ずご確認ください。

研究員・技術研究員
(1)履歴書 1通
※様式自由 連絡先Eメールアドレス記載のこと。
※履歴書には照会先2名の連絡先を記載のこと。下記(7)の推薦者、当機構役職員(招聘を含む)以外の方々を記載してください。
(2) これまでに行ってきた研究の要約 1通(A4 1枚程度)
(3)当機構における研究計画 1通(A4 1枚程度)
(4)研究業績リスト 1通
※論文リストは、レフェリー制のあるジャーナルとその他の研究、学術出版物に分けること。
(5)これまでに受けた競争的資金(科学研究費補助金、科学技術振興機構からの受託研究費など)のリスト 1通
※該当が無い場合はリストに「該当無し」と記入のうえ提出すること。
(6)主要論文(2編以内)の別刷またはコピー
(7)推薦書  2通
※2名の推薦者より直接人事採用担当宛に郵送、もしくは署名入りのPDFをEメールに添付して送付のこと。郵送の場合は封筒に、Eメールの場合は件名に「応募者名」を明記のこと。
※当機構役職員(招聘を含む)は推薦者として認められせん。

ポストドクトラル研究員
(1)履歴書 1通
※様式自由 連絡先Eメールアドレス記載のこと。
※履歴書には照会先2名の連絡先を記載のこと。下記(7)の推薦者、当機構役職員(招聘を含む)以外の方々を記載してください。
(2) これまでに行ってきた研究の要約 1通(A4 1枚程度)
(3)当機構における研究計画 1通(A4 1枚程度)
(4)研究業績リスト 1通
※論文リストは、レフェリー制のあるジャーナルとその他の研究、学術出版物に分けること。
(5)これまでに受けた競争的資金(科学研究費補助金、科学技術振興機構からの受託研究費など)のリスト 1通
※該当が無い場合はリストに「該当無し」と記入のうえ提出すること。
(6)主要論文(2編以内)の別刷またはコピー
(7)推薦書 1通
※推薦者より直接人事採用担当宛に郵送、もしくは署名入りのPDFをEメールに添付して送付のこと。郵送の場合は封筒に、Eメールの場合は件名に「応募者名」を明記のこと。
※当機構役職員(招聘を含む)は推薦者として認められせん。

【提出方法】
郵送、もしくはEメール

【郵送先】
〒237-0061
神奈川県横須賀市夏島町2-15
国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部 人事任用課 採用担当宛
(封筒の表に「RIGC ESS 任期制職員 応募」と朱書きのこと)

【Eメール送信先】
recruit-app[at]jamstec.go.jp 
※送信時は、[at]をアットマークに変え、件名に必ず「RIGC ESS 任期制職員 応募」と入れてください。
※書類はすべてPDFフォーマットに変換して添付ファイルで送信してください。
※1通につき25MBまで受信可能です。

※書類選考通過者に面接を行い、採用を決定します。
※面接旅費は海外からの移動に限り、規定に基づき支給する場合があります。
※状況に応じて、zoom システムを使用したウェブ面接を行うことがあります。
応募締切 2019年6月10日(月)13時(日本時間/JST) 必着
お問い合わせ先 国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部 人事任用課 採用担当
TEL 046-867-9598  FAX 046-867-9095
Eメール: recruit-app[at]jamstec.go.jp
※Eメールlによるお問い合わせの際は、[at]をアットマーク@に変え、件名に必ず「RIGC ESS 任期制職員 公募について」を入れてください。
注意事項 (1)提出書類は一切返却しません。
(2)提出書類は厳正に管理します。また、お預かりする個人情報は、採用選考並びに採用内定もしくは入社後の人事管理等の目的のみに使用し、他の目的では一切使用いたしません。
(3)採用内定時に健康診断書を提出していただきます。
(4)応募後に辞退される場合は、辞退届を提出してください。
(5)上記各条件は、公募開始時点におけるものです。
(6)日本語を母国語としない場合、業務時の使用言語は英語です。
付記 本公募では、男女平等の理念のもと、女性の社会進出を推進するという日本政府の方針に準拠して、多数の女性研究者の積極的な応募を期待するとともに、男性候補者と女性候補者の業績および人物評価が同等であった場合は、女性を優先して採用します。