研究業績

学術雑誌等に発表した論文、著書

18. Kinoshita, T., R. Shirooka, J. Suzuki, S. Ogino, S. Iwasaki, K. Yoneyama, U. Haryoko, D. Ardiansyah and D. Alyudin, A study of gravity wave activities based on intensive radiosonde observations at Bengkulu during YMC-Sumatra 2017, IOP Conference Series: Earth and Environmental Science, in revision.

17. Kinoshita, T., K. Sato, K. Ishijima, M. Takigawa, Y. Yamashita (2019), Formulation of three-dimensional quasi-residual mean flow balanced with diabatic heating rate and potential vorticity flux, J. Atmos. Sci., 76, 851-863, (DOI:10.1175/JAS-D-18-0260.1)

16. 木下武也, 長船哲史, 田中潔 (2019), 総論:基本場と擾乱から見た 大気-海洋-陸面の相互作用/北太平洋を中心とした中高緯度における海洋変動, 月刊海洋, 51, 2, 65-72

15. 山崎哲, 木下武也 (2018), 第3回若手科学者サミット参加報告, 天気, 65, 9, 649-651

14. 釜江陽一, 栃本英伍, 西川はつみ, 宇野史睦, 山崎哲, 川瀬宏明, 辻野智紀, 神山翼, 大竹潤, 山下陽介, 道端拓朗, 川添祥, 神澤望, 築地原匠, 木下武也 (2018), 第4回気象気候若手研究者交流会開催報告, 天気, 65, 9, 643-648

13. 井藤彰, 桑原恵介, 尾瀬功, 菊池宏幸, 佐々木満, 森貞真太郎, 芳賀一寿, 片岡みなみ, 佐々木秀顕, 樋口ゆり子, 長瀬健一, 鈴木郁郎, 内田智士, 戸井田力, 合田達郎, 秋元文, 赤木友紀, 小野寺崇, 山村寛, 高橋翠, 木下武也, 津野香奈美, 各務竹康, 内田満夫, 江口尚, 小川真規, 樋口富彦, 前田駿太, 和達大樹, 片山哲夫, 永村直佳, 堀川裕加, 山崎裕一, 山田悠介, 篠田健太郎, 湯本淳史, 市川悠士, 佐藤和人, 原田寛之, 坂上和之 (2017), 若手科学者のネットワーク形成の現状について, 学術の動向, 22, 54-61

12. 木下武也, 江口菜穂 (2017), 第2回若手科学者サミット報告, 天気, 64, 929-930

11. 木下武也, 佐藤薫 (2017), 波が作る成層圏物質循環の3次元描像について, 月刊海洋, 49, 320-327

10. Suzuki, H., K. Sakanoi, N. Nishitani, T. Ogawa, M. K. Ejiri, M. Kubota, T. Kinoshita, Y. Murayama and Y. Fujiyoshi (2016), First imaging and identification of a noctilucent cloud from multiple sites in Hokkaido (43.2N-44.4N), Japan, Earth, Planets and Space, 68:182. (DOI:10.1186/s40623-016-0562-6).

9. Kinoshita, T., T. Iwasaki and K. Sato (2016), A formulation of three dimensional wave activity flux describing wave propagation on the mass-weighted isentropic time mean equation, SOLA, 12, 198-202. (DOI:10.2151/sola.2016-040)

8. 木下武也 (2015), 大気大循環の3次元構造を記述する新理論の提唱ー2014年度山本賞受賞記念講演ー, 天気, 62, 935-947

7. Kinoshita, T., Y. Murayama, and S. Kawamura (2015), Tidal periodicity of mesospheric gravity waves observed with MF radar at Poker Flat, Alaska, J. Geophys. Res., 120, 6379-6390. (DOI:10.1002/2014JD022647)

6. 木下武也, 高麗正史, 岡本功太, 西本絵梨子, 坂崎貴俊, 関谷高志, 栗林康太, 西井和晃, 田口正和, 江口菜穂, 佐藤薫 (2014), 成層圏・対流圏過程とその気候における役割 (SPARC) 第5回総会報告, 天気, 61, 565-572

5. Kinoshita, T. and K. Sato (2014), A formulation of three-dimensionalresidual mean flow and wave activity flux applicable to equatorial waves, J. Atmos. Sci., 71, 3427-3438. (DOI:10.1175/JAS-D-13-0161.1)

4. Sato. K, T. Kinoshita and K. Okamoto (2013), A new method to estimate three-dimensional residual-mean circulation in the middle atmosphere and its application to gravity wave–resolving general circulation model data, J. Atmos. Sci., 70, 3756-3779. (DOI:10.1175/JAS-D-12-0352.1)

3. Kinoshita, T. and K. Sato (2012), A formulation of unified three-dimensional wave activity flux of inertia-gravity waves and Rossby waves, J. Atmos. Sci., 70, 1603-1615. (DOI:10.1175/JAS-D-12-0138.1)

2. Kinoshita, T. and K. Sato (2012), A formulation of three- dimensional residual mean flow applicable both to inertia-gravity waves and to Rossby waves, J. Atmos. Sci., 70, 1577-1602. (DOI:10.1175/JAS-D-12-0137.1)

1. Kinoshita, T., Y. Tomikawa, and K. Sato (2010), On the three-dimensional residual mean circulation and wave activity flux of the primitive equations, J. Meteorol. Soc. Japan, 88, 373-394. (DOI:10.2151/jmsj.2010-307)

国際会議における発表

23. Kinoshita, T., R. Shirooka, J. Suzuki, S. Ogino, S. Iwasaki, K. Yoneyama, U. Haryoko, D. Ardiansyah and D. Alyudin, A study of wave activities around temperature inversion layer based on intensive radiosonde observations at Bengkulu during YMC-Sumatra 2017, AGU Fall Meeting 2018, A24F-03, Washington DC, December 11, 2018.

22. Kinoshita, T., R. Shirooka, J. Suzuki, S. Ogino, S. Iwasaki, K. Yoneyama, U. Haryoko, D. Ardiansyah and D. Alyudin, On the gravity wave activities based on intensive radiosonde observations at Bengkulu during YMC-Sumatra 2017, SPARC GENERAL ASSEMBLY 2018, Theme4-3-11, Kyoto, October 5, 2018.

21. Kinoshita, T., R. Shirooka, J. Suzuki, S. Ogino, S. Iwasaki, K. Yoneyama, U. Haryoko, D. Ardiansyah and D. Alyudin, A study of gravity wave activities based on intensive radiosonde observations at Bengkulu during YMC-Sumatra 2017, 1st International Conference on Tropical Meteorology and Atmospheric Sciences (ICTMAS), AT13, Bandung, Indonesia, September 19, 2018.

20. Kinoshita, T., R. Shirooka, J. Suzuki, S. Ogino, S. Iwasaki, K. Yoneyama, U. Haryoko, D. Ardiansyah and D. Alyudin, A study of gravity wave activities based on intensive radiosonde observations at Bengkulu during YMC-Sumatra 2017, 15th Annual Meeting AOGS 2018, AS39-A007, Honolulu, June 6, 2018.

19. Kinoshita, T., K. Sato: On the three-dimensional residual mean flow balanced with nonconservative terms, 14th Annual Meeting AOGS 2017, AS04-A021, Singapore, August 10, 2017.

18. Kinoshita, T., K. Sato: On the three-dimensional residual mean flow balanced with nonconservative terms, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, AAS09-P21, Makuhari, Japan, May 24, 2017.

17. Kinoshita, T., K. Sato: On the three-dimensional structure of stratospheric material transport associated with various types of waves, AGU Fall Meeting 2016, A11E-0066, San Francisco, December 12, 2016.

16. Kinoshita, T., K. Sato: A study of 3D structure of stratospheric material transport, International Symposium on the Whole Atmosphere (ISWA), H02, Tokyo, Japan, September 15, 2016.

15. Kinoshita, T.: On the three dimensional structure of stratospheric material transport driven by waves, International Workshop: Dynamics and Interactions of the Ocean and the Atmosphere, 2-9, Sendai, Japan, July 24, 2016.

14. Kinoshita, T., Y. Murayama, and S. Kawamura: A study of the modulation of semidiurnal tide associated with mesospheric gravity waves observed with Poker Flat MF radar, AGU Fall Meeting 2015, SA13A-2331, San Francisco, December 14, 2015.

13. Kinoshita, T., T. Iwasaki, and K. Sato: A formulation of three dimensional wave activity flux describing wave propagation on the mass-weighted isentropic time mean equations, Asian Conference on Meteorology, P-3-13, Kyoto, Japan, October 26-27, 2015.

12. Kinoshita, T., Y. Murayama, S. Kawamura, S. Nozawa, and C. Hall: On the coupling between mesospheric gravity waves and background field including tides observed with MF radar at Poker Flat, and Tromso, M14p-440, Prague, CZE, June 26, 2015.

11. Hitchman, M., M. Rogal, T. Kinoshita, S. Rowe, N. Loeb, L. Welhouse, M. Lazzara, L. Keller, and G. Tripoli: Effects of ENSO on Southern Hemisphere Jet Structures, AGU Fall Meeting 2014, A33E-3241, San Francisco, December 17, 2014.

10. Kinoshita, T., Y. Murayama, S. Kawamura, S. Nozawa, and C. Hall: A study of the character of mesospheric gravity waves observed with MF radar at Poker Flat and Tromso, AGU Fall Meeting 2014, SA31B-4091, San Francisco, December 17, 2014.

9. Murayama Y., T. Kinoshita, S. Kawamura, S. Nozawa, and C. Hall: Tidal periodicity of mesospheric gravity waves observed with MF radar at Poker Flat and Tromso, 11th Annual Meeting AOGS 2014, AS19-A029, Sapporo, Japan, July 30, 2014.

8. Kinoshita, and K. Sato: A formulation of three-dimensional residual mean flow and wave activity flux applicable to equatorial waves, 11th Annual Meeting AOGS 2014, AS19-A042, Sapporo, Japan, July 30, 2014.

7. Kinoshita, T., Y. Murayama, S. Kawamura, and K. Sato: A study of the tidal periodicity of mesospheric gravity waves observed with MF radar at Poker Flat, Alaska, SPARC 2014 General Assembly, D26, Queenstown, New Zealand, January 16-17, 2014.

6. Kinoshita, T., and K. Sato: A formulation of three-dimensional Transformed Eulerian-Mean equations applicable to both Rossby waves and gravity waves, 17th Conference on the middle atmosphere, 8.1, Newport, RI, June 20, 2013

5. Kinoshita, T., Y. Murayama, and S. Kawamura: A study of the tidal periodicity of gravity wave energy in the mesosphere observed with MF radar at Poker Flat, Alaska, 17th Conference on the middle atmosphere, 36, Newport, RI, June 17, 2013

4. Kinoshita, T., and K. Sato: A formulation of three-dimensional residual mean flow and wave activity flux applicable to both Rossby waves and gravity waves, The 1st ANGWIN Workshop, Tokyo, March 13, 2013

3. Kinoshita, T., and K. Sato: A formulation of three-dimensional residual mean flow and wave activity flux applicable to both Rossby waves and gravity waves, AGU Fall Meeting 2012, A31C-0034, San Francisco, December 5, 2012

2. Kinoshita, T., Y. Tomikawa, and K. Sato: On the three-dimensional Residual Circulation and Wave Activity Flux of the Primitive Equations, IGAC-SPARC joint workshop, P-22, Kyoto, October 25, 2009

1. Kinoshita, T., Y. Tomikawa, and K. Sato: On the three-dimensional Residual Circulation and Wave Activity Flux of the Primitive Equations, MOCA-09 the IAMAS-IAPSO-IACS 2009 Joint Assembly, M513, Montreal, July22, 2009

国内学会・シンポジウム等における発表

57. 木下武也, 質量重み付き時間平均 (T-MIM) 系における波活動度flux、残差流、質量重み付き平均流について, 波と平均流の相互作用に関する研究集会 第7回研究会, 1-1, (福岡, 2019.3.12).

56. 木下武也, (招待講演) On the observation results of YMC campaign and future analysis plan, 2018年度第2回クライオ-SOWER合同会議, 2-3, (神奈川, 2019.03.5).

55. 木下武也, 城岡竜一, 鈴木順子, 荻野慎也, 米山邦夫, 岩崎杉紀, YMC-Sumatra2017期間中のラジオゾンデ集中観測に基づく上部対流圏の温度逆転領域に関する研究, 日本気象学会2018年度秋季大会, B166, (仙台, 2018.10.29).

54. 木下武也, 高谷康太郎, 岩崎俊樹, 等温位座標における位相依存のない3次元波活動度fluxについて, 波と平均流の相互作用に関する研究集会 第6回研究会, 2-2, (仙台, 2018.9.5).

53. 木下武也, 城岡竜一, 鈴木順子, 荻野慎也, 米山邦夫, 岩崎杉紀, YMC-Sumatra2017集中観測における重力波活動と背景場の関係について, 東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター研究集会 (大槌シンポジウム) 2018, 3-5, (岩手, 2018.8.27).

52. 木下武也, 城岡竜一, 鈴木順子, 荻野慎也, 米山邦夫, 岩崎杉紀 (招待講演), インドネシア・ベンクルのラジオゾンデ集中観測による大気重力波の研究, 日本地球惑星連合大会2018, A-AS07, (千葉, 2018.5).

51. 木下武也, 保存量に着目した3次元ラグランジュ流の推定とYMC-Sumatra2017特殊観測から得られたもの, Sato's labo workshop 2018, 1-2, (神奈川, 2018.3.14).

50. 木下武也, YMC-Sumatra2017ラジオゾンデ集中観測で得られた重力波活動について, 波と平均流の相互作用に関する研究集会 第5回研究会, 1-7, (和歌山, 2018.3.1).

49. 木下武也, ラジオゾンデ集中観測で得られた重力波活動について, 「近年の両極変化に伴う大気海洋循環変動と極端気象発現過程」研究集会, (新潟, 2018.1.29).

48. 木下武也, 城岡竜一, パラオ域のラジオゾンデ集中観測による大気重力波の研究, 日本気象学会2017年度秋季大会, D466, (北海道, 2017.11.2).

47. 木下武也, 渦位fluxおよび非断熱加熱率とバランスする3次元残渣流の解析, 波と平均流に関する研究集会 第4回研究会, 1-5, (宮城, 2017.9.21).

46. 木下武也, (招待講演) パラオ域で観測された擾乱活動について, 東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター研究集会 (大槌シンポジウム) 2017, 5-1, (岩手, 2017.8.2).

45. 木下武也, 佐藤薫, 渦位fluxおよび非断熱加熱率とバランスする3次元残渣流の考察, 日本気象学会2017年度春季大会, B458, (東京, 2017.5.28).

44. 木下武也, (招待講演) 波が作る成層圏物質循環の3次元描像について, 東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター研究集会 (大槌シンポジウム) 2016, 2-1, (岩手, 2016.11).

43. 木下武也, 佐藤薫, 波が作る成層圏の物質輸送の3次元構造について, 日本気象学会2016年度秋季大会, D308, (愛知, 2016.10).

42. 木下武也, 佐藤薫, A study of three dimensional structure of stratospheric material transport and ozone, 日本地球惑星連合大会2016, A-AS11, (千葉, 2016. 5).

41. 木下武也, MIM系とTEM系における波の伝播を記述する3次元波活動度フラックスについて, 波と平均流に関する研究会 第2回研究会, 1-4, (神奈川, 2016.2).

40. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, ポーカーフラットMFレーダーで観測された中間圏重力波に伴う半日潮汐の振幅変調に関する研究, 第6回極域科学シンポジウム, IM-5, (東京, 2015.11).

39. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, 野澤悟徳, Hall Chris, Poker Flat及びTromso MFradarで観測された重力波の半日周期変動メカニズムについて, SGEPSS第138回総会・講演会, R005-18, (東京, 2015.11).

38. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, ポーカーフラットMFレーダーで観測された中間圏重力波に伴う半日潮汐の振幅変調に関する研究, SGEPSS第138回総会・講演会, S002-9, (東京, 2015.11).

37. 木下武也, 岩崎俊樹, 佐藤薫, 温位面上の質量重みつき時間平均系の擾乱の伝播を記述する3次元波活動度fluxの導出, 日本気象学会2015年度秋季大会, C206, (京都, 2015.10).

36. 木下武也, 科学データ共有化の現状, 第27回日本気象学会夏季特別セミナー, (大分, 2015.9).

35. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, ポーカーフラットMFレーダーで観測された中間圏重力波に伴う半日潮汐の振幅変調に関する研究, 「MTI研究集会」「ISS-IMAP研究集会」「SLATSワークショップ」合同研究集会, P02, (東京, 2015.8).

34. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, ポーカーフラットMFレーダーで観測された中間圏重力波に伴う半日潮汐変動, 第290回生存圏シンポジウム (IUGONET研究集会), 7-3, (東京, 2015.8).

33. 木下武也, 3次元MIM系における波の伝播を記述する3次元波活動度フラックスについて, 波と平均流に関する研究会 第1回研究会, 3-1, (宮城, 2015.6).

32. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, 野澤悟徳, Hall Chris, ポーカーフラット及びトロムソMFレーダーで観測された中間圏重力波と潮汐を含む背景場とのカップリングについて, 日本地球惑星連合大会2015, PEM06-07, (千葉,2015.5).

31. 木下武也, 佐藤薫, 南半球中高緯度域の停滞性擾乱及び非定常擾乱に伴う物質輸送について, 日本気象学会2015年度春季大会, B112, (茨城, 2015.5).

30. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, 野澤悟徳, Hall Chris, ポーカーフラット及びトロムソMFレーダーで観測された中間圏重力波と潮汐を含む背景場とのカップリングについて, 2014年度南極昭和基地大型大気レーダー計画 (PANSY) 研究集会, 2-5, (東京, 2015.3).

29. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, 野澤悟徳, Hall Chris, ポーカーフラット及びトロムソMFレーダーで観測された中間圏重力波と潮汐を含む背景場とのカップリングについて, 平成26年度名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会および、第263回生存圏シンポジウム, 5-3, (京都, 2015.2).

28. 木下武也, 佐藤薫, 南半球オゾンの3次元分布に寄与するプラネタリー波と総観規模擾乱について, 第5回極域科学シンポジウム, IM-13, (東京, 2014.12).

27. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, 野澤悟徳, Hall Chris, ポーカーフラット及びトロムソMFレーダーで観測された中間圏重力波特性に関する研究, SGEPSS第136回総会・講演会, R005-07, (長野, 2014.11).

26. 木下武也 (招待講演), 大気大循環の3次元構造を記述する新理論の提唱, 日本気象学会2014年度秋季大会, 特別講演会, (福岡, 2014.10).

25. 木下武也, 佐藤薫, 南半球中高緯度域のプラネタリー波及び総観規模擾乱の3次元構造に関する研究, 日本気象学会2014年度秋季大会, C205, (福岡, 2014.10).

24. 木下武也, 佐藤薫, M. Hitchman, El Nino期、 La Nina期に見られる熱帯域と中高緯度におけるプラネタリー波活動の3次元構造に関する研究, 日本気象学会2014年度春季大会, C105, (神奈川, 2014.5).

23. 木下武也, 佐藤薫, M. Hitchman, El Nino期、 La Nina期に見られる熱帯域と中高緯度におけるプラネタリー波活動の3次元構造に関する研究, 日本地球惑星連合大会2014, AAS21-P03, (神奈川, 2014.4).

22. 木下武也, M. Hitchman, 佐藤薫, 対流圏から成層圏における波に伴う物質輸送の3次元構造に関する研究, 平成25年度 先端的データ同化と雲解像アンサンブル手法に関する研究集会, 3, (静岡, 2014.1).

21. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, 佐藤薫, アラスカ、ポーカーフラット MF レーダーで観測された中間圏重力波の日内変動に関する研究, 日本気象学会 2013 年度秋季大会, D359, (仙台,2013.11).

20. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, 佐藤薫, アラスカ、ポーカーフラット MF レーダーで観測された中間圏重力波の日内変動に関する研究, 第 134 回 SGEPSS 総会および講演会, R005-04, (高知,2013.11).

19. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, アラスカ、ポーカーフラットMFレーダーで観測された中間圏の重力波エネルギーの日内変動に関する研究, 日本地球惑星連合大会, PEM29-16,
(千葉,2013.5).

18. 木下武也, 村山泰啓, 川村誠治, アラスカ、ポーカーフラットMFレーダーで観測された中間圏の重力波エネルギーの日内変動に関する研究,日本気象学会2013年度春季大会, C106,
(東京,2013.5).

17. 木下武也, 佐藤薫, 力学的な物質輸送を3次元に記述するロスビー波と重力波両者に適用可能な方程式系の導出, 第221回生存圏シンポジウム, 6-4, (京都,2013.3).

16. 木下武也, 佐藤薫, 力学的な物質輸送を記述するロスビー波と重力波両者に適用可能な3次元残差流と波活動度フラックスの定式化, 南極昭和基地大型大気レーダープロジェクト(PANSY)研究集会, Ⅲ-4, (東京,2012.12).

15. 木下武也, 佐藤薫, 赤道波に伴う3次元残差流と波活動度フラックス, 日本気象学会2012年度秋季大会, D209, (北海道,2012.10).

14. 木下武也, 佐藤薫, (招待講演) 慣性重力波とロスビー波に適用可 能な3次元残差流と波活動度flux,日本気象学会2012年度春季大会, B456, (茨城,2012.5).

13. 木下武也, 佐藤薫, アンデス山脈領域における重力波に伴う3次元 残差流の研究,日本気象学会2011年度秋季大会, D205, (愛知,2011.11).

12. 木下武也, 佐藤薫, 慣性重力波とロスビー波に適用可能なストー クスドリフトの定式化, 日本気象学会2011年度春季大会, D203, (東京, 2011.5).

11. 木下武也, 佐藤薫, 南半球成層圏極域の物質輸送における擾乱の 役割について,第1回極域科学シンポジウム, SO021, (東京,2010.12).

10. 木下武也, 佐藤薫, 成層圏の物質輸送における擾乱の役割につい て,日本気象学会2010年度秋季大会, C114, (京都,2010.10).

9. 木下武也, 佐藤薫, 成層圏における物質の南北輸送の傾度依存性に 関する研究,日本地球惑星連合大会, AAS003-15, (千葉,2010.5).

8. 木下武也, 佐藤薫, 成層圏における物質の南北輸送の経度依存性 に関する研究, 南極昭和基地大型大気レーダープロジェクト(PANSY)研究 集会, Ⅳ-3, (東京,2009. 12).

7. 木下武也, 佐藤薫, 赤道域における3次元波活動度フラックス, 日 本気象学会2009年度秋季大会, A205, (福岡,2009. 11).

6. 木下武也, 冨川喜弘, 佐藤薫, On the three-dimensional residu al mean circulation and wave activity flux of the primitive equat ions, GCOE地球たちキックオフミーティング, P-22, (東京,2009. 11).

5. 木下武也, 佐藤薫, プリミティブ方程式系における3次元残差循環 と波活動度フラックスについて, 日本地球惑星連合大会, F207-016, (千葉,2009.5).

4. 木下武也, 冨川喜弘, 佐藤薫, 3次元残差循環を用いた成層圏オゾ ンの輸送に関する研究,第31回極域気水圏シンポジウム, I-6, (東京,20 08.12).

3. 木下武也, 冨川喜弘, 佐藤薫, 3次元残差循環を用いた成層圏オゾ ンに関する研究,日本気象学会2008年度秋季大会, D171, (宮城,2008.11) .

2. 木下武也, 冨川喜弘, 佐藤薫, 3次元残差循環を用いた成層圏オゾ ンの輸送に関する研究,第124回地球電磁気・地球惑星圏学会総会および 講演会, S001-P001, (宮城,2008.10).

1. 木下武也, 冨川喜弘, 佐藤薫, 3次元残差循環を用いた物質輸送の 研究,日本気象学会2008年度春季大会, A462, (神奈川, 2008.5).

その他 (受賞歴等)

1. 平成20年10月 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会総会および講演会 優秀発表者 (同講演会において)

2. 平成22年11月 日本気象学会 JMSJ Award (Kinoshita et al. 2010)

3. 平成26年8月 日本気象学会 山本賞 (Kinoshita and Sato 2013a,b)

4. 平成30年9月 1st International Conference on Tropical Meteorology and Atmospheric Sciences (ICTMAS) 優秀発表者 (同講演会において)