JAMSTEC > 土井 威志

土井 威志【どい たけし】

土井 威志,博士(理学)

所属機関・部署・役職

連絡先

  • 〒236-0001
    横浜市金沢区昭和町3173-25
    国立研究開発法人海洋研究開発機構 横浜研究所
  • E-mail:

研究テーマ

学歴

  • 2009年03月:東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 大気海洋科学講座 卒業 (博士号取得)
  • 2006年03月:東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 大気海洋科学講座 (修士号取得)
  • 2004年03月:東京大学 理学部 地球惑星物理学科 卒業 (学士号取得)
  • 2000年03月:京都府 私立洛星高等学校 卒業
  • 1997年03月:福井県 坂井町立坂井中学校 卒業

職歴

  • 2014年04月–現在:海洋研究開発機構 アプリケーションラボ 研究員 (組織名変更)
  • 2012年05月–2014年03月:海洋研究開発機構 地球環境変動領域 短期気候変動応用予測研究プログラム 研究員
  • 2010年04月–2012年04月:米国プリンストン大学 大気海洋科学講座(AOS) ポストドクタープログラム, 所属:米国海洋大気庁(NOAA)/地球流体力学研究所(GFDL) Climate Change, Variability and Prediction Group
  • 2009年04月–2010年03月:独立行政法人日本学術振興会(JSPS)特別研究員(学位取得に伴いDC2からPDに資格変更),所属:JAMSTEC/アプリケーションラボ
  • 2008年04月–2009年03月:独立行政法人日本学術振興会(JSPS)特別研究員(DC2),所属:東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 大気海洋科学講座
  • 2006年04月–2008年03月:東京大学21世紀 Center of Excellence (COE)プログラム, 多圏地球システムの進化と変動の予測可能性 拠点形成アシスタント第1種

受賞歴

  • "Chen et al. 2016" is awarded 2018 Advances in Atmospheric Sciences (AAS) Esteemed Original Paper Prize
  • 2017年度日本海洋学会岡田賞 対象研究題目 “熱帯と沿岸域の湧昇現象の変動とその予測の研究” JAMSTECニュース記事, May 2017
  • JAMSTEC 2013年度 業績表彰 研究開発功績賞 表彰事項 “SINTEX-F2 における気候変動予測システムの構築と定期的な運用を実現するとともにニンガルー・ニーニョ発生の予測可能性を初めて世界に示した”, Apr. 2014
  • An Editor's Award for the Journal of Climate, "For providing a thoughtful and decisive review of a difficult paper on short notice", 米国気象学会(AMS), Jan. 2012

プレスリリース

招待講演

  • Doi, T., S. K. Behera, and T. Yamagata, Merits of one hundred parallel simulations in seasonal climate prediction, Fourth International Symposium on Climate and Earth System Modeling, July 10-11, 2018 in Nanjing, China.
  • Doi, T.,S. K. Behera, and T. Yamagata: "The SINTEX-F2 seasonal prediction system", 2016AOGS, Beijin (China), August 2016
  • Doi, T.,S. K. Behera, and T. Yamagata: "2014年エルニーニョの急激な衰退と予測について", 2015JpGU, Makuhari (Japan), May 2015
  • Doi, T., Richter, I. W. Sasaki, J.-J. Luo, S. K. Behera, and Y. Masumoto: “Attribution and impacts of warm SST biases over the eastern coastal Pacific and Atlantic in the coupled model SINTEX-F”, 2012 AGU Fall Meeting, San Francisco (U. S.), December 2012
  • Doi, T., G. A. Vecchi, A. J. Rosati, and T. L. Delworth: “Tropical Atlantic climate simulated in the GFDL CM2.5 high-resolution coupled climate model”, 2012 AGU Fall Meeting, San Francisco (U. S.), December 2012

科学研究助成歴

講義,アウトリーチ活動

その他の活動

  • 2014年04月-現在: Nature社Scientific Reportsの編集委員
  • 2013年-現在: 文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター 専門調査員
  • 2018年09月: 日本海洋学会 2018年度秋季大会においてセッション"数ヶ月から数10年先の気候変動予測と海洋・海氷の役割"の代表コンビナー
  • 2018年06月: 米国ハワイで開催された2018 Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 15th Annual Meetingで session #OS16 Seasonal Climate Predictability and Applicabilityの代表コンビナー
  • 2017年10月: 日本海洋学会 2017年度秋季大会においてセッション"数ヶ月から数10年先の気候変動予測と海洋・海氷の役割"の代表コンビナー
  • 2016年11月: 全球降水システム研究会2016"気象・気候モデルの多様性と将来展望"において実行委員
  • 2016年09月: 日本海洋学会 2016年度秋季大会においてセッション"数ヶ月から数10年先の気候変動予測と海洋・海氷の役割"の代表コンビナー
  • 2016年03月: 日本海洋学会 2016年度春季大会においてセッション"数ヶ月から数年先の気候変動予測と海洋の役割"の代表コンビナー
  • 2013年-2015: U.S. CLIVAR Eastern Tropical Oceans Synthesis Working Groupのメンバー
  • 2015年09月: 熱帯降水系研究会2015"季節内から季節規模の気候変動の解明とその予測"において実行委員
  • 2014年02月: Tropical Pacific Observation System 2020 (TPOS2020) Meeting (January, 2014, San Diego, U.S.)にてIndependent reviewer
  • 2012年02月: 米国ソルトレイクシティで開催された2012 Ocean Sciences Meetingにおいて熱帯大西洋セッション(#104 Improvements in Understanding Tropical Atlantic Climate Variability and Predictability: Past Behavior, Observations and Climate Models)を共同企画運営(co-convener)
  • 2007年2/1−3/1: 南アフリカ共和国 ケープタウン大学海洋学部に、東京大学COE海外インターンシップ助成を受けて研修 (Adviser: Prof. Frank Shillington)
  • 国際誌の査読 [Journal of Climate, Journal of Physical Oceanography, Journal of Geophysical Research Oceans, Geophysical Research Letter, Journal of Oceanography, Climate Dynamics, Scientific Reports, Quarterly Journal of the Royal Meteorological Society, Ocean Sci. Discuss. Atmospheric and Oceanic Sciences, Atmosphere-Ocean, Journal of Atmospheric and Solar-Terrestrial Physics, Theoretical and Applied Climatology, Journal of Marine Research]