JAMSTEC > 地球環境変動領域 > 短期気候変動応用予測研究プログラム

地球環境変動領域

短期気候変動応用予測研究プログラム

私たちの生活は、エルニーニョのような短期の気候変動、アジア・モンスーンなどの著しい季節変動や日本南岸の黒潮変動など、海洋や大気のさまざまな変動に大きく左右されています。このプログラムでは、さまざまな数値シミュレーションモデルを用いた予測実験などを行い、数ヵ月から数年規模の気候変動や海洋変動のメカニズムを明らかにするとともに、それらの予測精度を向上させるための基礎研究を行っています。特に、予測結果を検証しながら精度を高める実証的なアプローチを目指しています。また、予測結果をどのように社会に還元するかという応用利用研究も、私たちの重要なテーマです。

短期気候変動応用予測研究プログラムの説明イメージ
低緯度域気候変動予測研究チーム
低緯度域での気候変動の予測研究を通じて、海洋および大気の変動過程を理解するとともに、気候変動予測システムによる予測精度の向上を目指します。
中・高緯度域気候変動予測研究チーム
中高緯度域での経年・十年規模気候変動の予測可能性を明らかにするため、 日本を含む中高緯度域での大気・海洋変動機構の理解・解明を更に推進します。
ダウンスケール沿海変動予測研究チーム
海流、波浪、海上気象の詳細な予測を実現し、その応用に取り組むことで、様々な海洋大気現象の解明を進めていきます。
気候変動予測応用研究チーム
気候変動予測研究の幅広い応用を目指して、既存の枠にとらわれない自由な発想の研究を展開します。