研究テーマ

気候変動や人間活動によって引き起こされる境環変化に対して、海洋生態系はどのように応答し、また生態系が変化した結果、私たちの生活や地球環境に将来どのような影響があるのでしょう。その問いに答えるために、私たちのチームでは、生態系モデルの開発や長期観測データの解析を通じて、地球環境と海洋生態系の関わりと、その変動のメカニズムを明らかにしようとしています。そのため、以下の研究項目に取り組んでいます。

1) 海洋生態系モデルの開発と改良

それぞれに特徴的な生態系を有する海域毎に適したモデルの作成、渦や複雑な海流の働きとその生態系への影響を表現できる高解像度モデルを用いた解析、炭素の循環に重点をおいたモデルを用いた海洋生態系の変化と海洋による二酸化炭素吸収の関係解明、さらに、それぞれのモデルを改良することにより、様々な時空間スケールでおこる現象を理解します。

2) 長期観測データを用いた生態系変動の海域比較研究

世界の海で長年に渡り観測されている、プランクトン標本を分析し、変化のパターンについて国際協力を通じて海域比較研究することにより、地球規模の環境変動が海洋生態系に与える影響を調べます。

海洋生態系と地球環境の関係を観測データの解析や数値モデルによって明らかにする
T. Hashioka