陸域生態系研究チーム

研究テーマ

本研究テーマでは、主に衛星観測による植生データを基礎に、植生の地理的分布や変動の仕組みを解明します。その結果得られる知見や、生態学的・生物地球化学的プロセス研究を元に植生を柱とする生態系のモデリングを行います。

さらに、この生態系モデルを大気モデルや海洋モデルなどと統合することによって、地球環境の予測へと繋げます。

1) 衛星植生データを現地観測・調査データと共に分析し、各地の植生変動の気象変動や人間活動との関係を明らかにすることにより、植生変動についての知識と理解を創出します。これに関連させて生物多様性に踏み込んだ研究を行います。

2) 衛星植生データに対して現地観測データを組み合わせ、葉面積指数やバイオマスといった植生に関する物理量の地理的分布やその変動を推定します。また、衛星植生データに対して植生の幾何・光学モデルを応用し、植生の物理量や構造のより高度な推定を行います。

3) 陸域植生動態モデルによって、多様な生態系に適用する植生のシミュレーションを行う。森林や草原などの観測データをモデル的に解析し、環境条件とその変動が植生動態に与える影響を明らかにします。前述の衛星データ研究による知見と推定された物理量をモデルの検証やスケールアップに役立てます。

4) 炭素や窒素など、陸域植生の光合成・呼吸や温室効果ガスの収支に関連する物質の挙動を解明する生態系モデル(VISIT等)の開発を行います。農耕地などへも適用し、陸域物質収支と気候システムとの相互作用を統合的に解析します。また、前述の衛星データ研究による知見や物理量をモデルの検証やスケールアップに役立てることにより、独自性のあるモデル発展を目指します。さらに、所内外の気候研究グループと協力し、生態系プロセスを介した長期的な気候的フィードバックを解明します。

最近の研究成果の例

三次元放射伝達シミューレションによる仮想林分の超高分解能リモートセンシング画像の作成

アラスカのPoker Flat Research Rangeで撮影された森林景観の季節変化と
衛星リモートセンシングから得られるデータとの比較

地上と衛星データを組み合わせることで、広域での森林の季節変化を研究します。


人工衛星リモートセンシングによるアジアの植生指数の分布

各地の植生の分布やその変化を分析します。