JAMSTEC北極航海ブログ

RSS

飾り毛布?

記事更新日:
2011年1月21日

q5qxa57s.jpg

2011.01.21

先だっての船室紹介の写真で、タオルが可愛らしくたたんであるのに気づかれた人もいるかもしれません。先日シーツを替えてもらった日に船室にもどる と、バスタオルとハンドタオルが寝床を作っているように織り込んで置かれていました。ちゃんと白いタオルがピンクのタオルの中に織り込まれていて、まるで 小人の寝床のようでした。

昔、青函連絡船の客室などで提供されていたサービスの一つに、飾り毛布とか、花毛布と呼ばれる、毛布を花や灯台の形に折る技法がありました。以前 JAMSTEC の 公開セミナーで実演が行われたり、当機構の「かいよう」でNHK おはよう日本の番組の一部として収録が行われたことがあるそうです(実演しているのは、日本海洋事業株式会社の社員さんだそうです)。

ともすれば殺風景な船の客室に夕食を食堂でとって戻ってみるとこんな素敵なサービスがしてあれば気分も上々という、古き良き時代の名残ですね。今はその技法の多くが失われつつあるのだそうです。

この「花タオル」(ベッドタオル?)はちょっとインパクトに欠けるのですが、シーツを替えてくださった船員の心遣いを感じます。


このページのトップへ