最新ニュース

RSS

低気圧経路の変化がもたらす北極の温暖化とシベリアの寒冷化

記事カテゴリ:
ニュース, 成果報告
記事更新日:
2012年2月 1日

寒冷圏気候研究チームの猪上淳主任研究員と堀正岳研究員らによる、北極の温暖化・シベリアの寒冷化に関する論文が米国気象学会発行のJournal of Climateに掲載されます。

本論文は、近年急激に進行する北極の温暖化 (極温暖化増幅) 及びそれと対となって出現するシベリアの寒冷化に関して、北欧のバレンツ海の海氷面積の多寡と日々の低気圧活動の関係について解析したものです。12月のバレンツ海の海氷面積が少ない冬は、低気圧経路が通常のシベリア沿岸域ではなく北極海側にシフトし、その結果強調される高気圧偏差によって北極海上は通常よりも暖かくなる一方、シベリアには寒気が北から入り込みやすいパターン (WACS偏差: warm-Arctic cold-Siberian anomaly; 左図) が卓越することを示しました。ここで形成された寒気は数日後には日本に到達することが多いため、このようなWACS偏差が頻繁に形成される年は日本の冬も寒くなりやすいと考えられます。

今冬のバレンツ海の海氷面積も「平成18年豪雪」年と同様少ない状態で、上記のプロセスで寒波が頻繁に襲来する可能性を示唆します。1月下旬の気温や気圧の平年差は、WACS偏差と同様の分布を示しています(右図)。

拡大

拡大
tokyo-small.jpg

(東京のデータは気象庁より)

本研究の詳細はJAMSTECプレスリリースでも紹介されています。

このページのトップへ