最新ニュース

RSS

海氷減少で北極海の下層雲が減少

記事カテゴリ:
ニュース, 成果報告
記事更新日:
2012年5月31日

寒冷圏気候研究チームの佐藤和敏研究生と猪上淳チームリーダーは、海洋地球研究船「みらい」で蓄積されてきた北極海上の雲底高度のデータ(1999-2010年)を、1998年に米国のプロジェクト(SHEBA)で取得された海氷上の雲底高度のデータと比較することで、高度500m以下に雲底を持つ下層雲の出現頻度が30%減少したことを明らかにしました。これは海氷消失域で海面からの熱・水蒸気の供給が盛んになったためで、北極海上空の温暖化が雲の変化として可視化された結果とも言えます。今後、数値モデルにおけるこのような現象の再現性を検証するとともに、雲の放射過程を通じで海氷面/海面の熱収支(海氷の成長/融解)過程にどの程度寄与するのか調べる予定です。

この研究は米国地球物理学連合発行のGeophysical Research Lettersに掲載されるととともに、Nature Geoscience誌のResearch Highlightとしても紹介されました。

pbear2.jpg

プレスリリース本文へ

このページのトップへ