調査研究体制 line

海底資源研究開発センターは3つの研究グループと2つの推進・企画調整グループで構成し、海底資源の成因やメタン生成システムなどに関する先端的な研究を行う一方、無人探査機(AUV/ROV)などを駆使した詳細な資源探査を行います。

調査研究推進グループは海底資源の調査・研究に必要な実施計画の作成と調査の実施を行う一方、企画調整グループではプロジェクト全体を円滑に推進するための企画調整業務を行います。研究グループはメンバーそれぞれが持つアビリティを最大限に生かして、グループの研究ターゲットに向かって最先端の研究を行い、海底資源科学に新たな知見をもたらします。

JAMSTEC内では、無人探査機や船舶を開発・運用する海洋工学センター、「ちきゅう」を運用し掘削技術開発を進める地球深部探査センターと密接に連携し、海底資源の調査・研究を効率的かつ強力に推進する体制となっています。また、JAMSTECの内部委員会および技術企画室と共に技術開発の推進に関わります。

海底資源研究開発センターの組織体制

センター長    木川 栄一

調査研究体制 海底資源研究開発センター 地球生命工学研究グループ 資源成因研究グループ 環境影響評価研究グループ 調査研究推進グループ 企画調整グループ