調査研究推進グループ

調査研究推進グループは、海底資源の調査研究の推進に必要な実施計画の作成、調査の実施等、調査・研究を推進するための業務を行います。

調査は概査から精査へと段階を踏んで進めます。まず広域に、船舶の音響測深による海底地形探査、エアガンとストリーマーケーブルを用いた反射法地震探査による海底下構造探査を行い、調査対象海域を絞ります。続いて、「うらしま」などのAUV(自律型無人探査機:Automonous Underwater Vehicle)潜航調査や深海曳航調査システム「ディープ・トウ」を用いた調査によって、より精密な微地形探査・音響イメージング・高解像度地下構造探査・電磁気探査などを行い、資源対象として有望な範囲を絞り込みます。最終的に、「ハイパードルフィン」や「かいこう7000 II」などのROV(遠隔無人探査機:Remotely Operated Vehicle)や潜水調査船「しんかい6500」を用いて、画像観測をしながら実際の試料を採取し、陸上にて様々な測定・分析を行い、その特徴を明らかにします。

このような調査を、海底資源研究プロジェクトのターゲット「海底熱水鉱床」、「コバルトリッチ・鉄マンガンクラスト」、「炭化水素生成メカニズムと炭素循環システム」、および「泥火山」について行い、空間的な広がりを把握すると共に、海底資源としての基礎的な情報の蓄積を図っていきます。また、地球深部探査船「ちきゅう」による掘削調査を実施し、より深部のコアサンプルを取得することによって、鉛直方向の広がりを把握すると同時に、地震探査によって得られた海底下構造解釈との比較検証を行います。これらのターゲットはそれぞれ、主な調査対象海域を下図のように設定しています。

主な調査対象海域

主な調査対象海域