概要 | SSGメンバー一覧 | 活動情報/報告

海洋大気間物質相互作用研究計画
SOLAS = Surface Ocean-Lower Atmospheric Study

SOLAS

概要

海洋大気間物質相互作用研究計画(SOLAS)は、WCRPが 大気化学・地球規模汚染委員会 (CACGP= Commission on Atmospheric Chemistry and Global Pollution)地球圏‐生物圏国際共同研究計画(IGBP = International Geosphere-Biosphere Programme)海洋研究科学委員会(SCOR = Scientific Committee on Oceanic Research) と共に、このプロジェクトの共同スポンサーとなって2000年に立ち上げた共同プロジェクトである。 その目的としては、海洋と大気間の、主要な生物地球科学的な、また物理的な相互作用とフィードバックに対する量的な理解や、 またそのような共同システムが気候・環境変化に及ぼす影響、もしくはそれから受ける影響の量的な理解を得るためである。

プロジェクトの焦点としては、主に3つあり、海洋と大気間の生物地球科学的な相互作用、 大気と海面の境界面での交換過程や大気と海洋の境界層における輸送と変質の役割、 大気/海洋の二酸化炭素と、長期的に存在する他の温室効果ガスのフラックスが挙げられる。 SOLASには、科学推進委員会(SSC = Scientific Steering Committee)(表1参照)が置かれ、プロジェクトの開発、 企画、推進を監督し、科学的指標を提供する責任を負っている。 SSCは、国家、地域、国際レベルの支援や、他の共同スポンサーとの関連活動と SOLASの研究活動間の協調を促進することになっている。

表1:科学推進グループのメンバー

http://researchpages.net/SOLAS/people/より)

氏名 所属先
Douglas Wallace (Chair, Germany) Leibniz-Institut fur Meereswissenschaften
Isabel Cacho-Lascorz  
Gerrit de Leeuw (The Netherlands)  
Veronique Garcon (France) Laboratoire d’Etudes en Geophysique et Oceanographie Spatiales
Sergey Gulev (Russia) P.P.Shirshov Institute of Oceanology, Russian Academy of Science
Barry Huebert (USA) University of Hawaii
Tim Jickells (UK) University of East Anglia
Truls Johannessen (Norway) Bjerknes Center for Climate Research
Dave Kieber (USA) SUNY-ESF
Christiane Lancelot (Belgium) Universite Libre de Bruxelles
Cliff Law (New Zealand) NIWA
Peter Liss (UK) University of East Anglia
Patricia Matrai  
Wade McGillis (USA) Columbia University
Ulrich Platt (Germany) University of Heidelberg
Guang Yu-Shi (China) Chinese Academy of Sciences
Shigenobu Takeda University of Tokyo
Mitsuo Uematsu University of Tokyo
Osvaldo Ulloa Universidad de Concepcion

活動情報/報告