概要 | SSGメンバー一覧 | 活動情報/報告

成層圏プロセスとその気候における役割研究
SPARC = Stratospheric Processes And their Role in Climate

SPARC

概要

成層圏プロセスとその気候における役割研究 (SPARC = Stratospheric Processes And their Role in Climate)は、1993年に設立され、主に気候の成層圏における役割に関する知識を集約し、 それに伴った過程の理解を進めることを目的としている。研究内容としては、力学、放射、及び化学過程の相互作用に重点を置き、 具体的には、気候と大気化学の相互関係、成層圏の変化の解明・原因特定・予測可能性、成層圏と対流圏の力学的結合、また重力波や、 それの成層圏内の力学的役割と、モデルへのパラメタリゼーション方法等がある。SPARCの研究計画の推進は、科学推進グループ (SSG = Scientific Steering Group)(表1参照)によって指揮され、 SSGは国際プロジェクトオフィス(IPO) とSPARCイニシャティブ(作業部会)の支援と共に、フィールド測定プログラムの促進以外にも、SPARCのニュースレター、会議、レポートの準備を通し、 SPARCの目的に向けて貢献している

表1:科学推進グループのメンバー(2007年1月現在)

http://www.atmosp.physics.utoronto.ca/SPARC/ssg.htmlより)

氏名 所属先
T. Peter(共同議長) Switzerland ETH Zurich, Institute for Atmospheric and Climate Science (IAC)
T. G. Shepherd(共同議長) Canada University of Toronto
G. Bodeker New Zealand NIWA
J. Burrows Germany IUP/IFE; The University of Bremen
P. Canziani Argentina Pontificia Universidad Catolica Argentina
P. C. S. Devara India Indian Institute of Tropical Meteorology (IITM)
D. Fahey USA NOAA
D. Hartmann USA Department of Atmospheric Sciences; The University of Washington
S. Hayashida Japan Faculty of Science; Nara Women's University
P. Haynes UK DAMTP, Center for Mathematical Sciences; The University of Cambridge
E. Manzini Italy National Institute for Geophysics and Volcanology
A. M. Thompson USA Penn State University
V. Yushkov Russia Central Aerological Observatory

活動情報/報告