概要 | SSGメンバー一覧 | 活動情報/報告

結合モデル開発作業部会
WGCM = Working Group on Coupled Modelling

概要

合同科学委員会(JSC = Joint Scientific Committee)下のプロジェクト、 気候の変動性と予測可能性研究計画(CLIVAR = Climate Variability and Predictability Project)の 結合モデル開発作業部会(WGCM = Working Group on Coupled Modelling)は、結合気候モデル開発に関して、 その検討・促進や、それによる共同の研究・実験の推進を主な任務としている。
具体的には:

  • モデル相互比較の組織や、入手可能な測器計測記録や古気候データの活用による、モデルの検証やモデルの欠陥診断
  • 十年〜百年の時間スケールの気候の自然変動性や予測可能性を理解するための、また、 自然、人為起源の外力変化に対する気候システムの応答を予測するための、結合モデルによる共同実験の推進
  • 結合モデルのための適切なデータ同化の開発促進や、初期化に関連した問題の考察; CLIVARの科学推進グループ(SSG)や合同科学委員会(JSC)の依頼による、 CLIVAR・WCRP支援下のその他のモデリング活動の担当
  • 全球結合モデルの開発・利用の進捗状況に関する、 SSGやJSCへの提言とCLIVAR やWCRPにおけるモデリング活動の、全般的で適切な検討・調整; WCRPの気候モデリングへの統合的なアプローチの確立における、数値実験作業部会(WGNE = Working Group on Numerical Experimentation)との緊密な協力の維持
  • 地球システムのモデリングに関し、IGBPの下にある、 地球システムの解析・統合・モデリング(AIMES = Analysis, Integration and Modeling of the Earth System)や、 IPCCとの必要に応じた連携などが挙げられる。

表1:WGCMの構成メンバー(2008年1月1日現在)

http://wcrp.wmo.int/AP_Modelling_WGCM.htmlより)

氏名 所属先 連絡先
Professor J. F. Mitchell
(共同議長)
UK Met Office john.f.mitchell@metoffice.com
Dr. G. Meehl
(共同議長)
National Center for Atmospheric Research (NCAR), USA meehl@ncar.ucar.edu
Dr. S. Bony Laboratoire de Meteorologie Dynamique (LMD/IPSL), France bony@lmd.jussieu.fr
Dr. P. Braconnot Laboratoire des Sciences du Climat et de l'Environnement, France pascale.braconnot@lsce.ipsl.fr
Dr. G. Flato Environment Canada greg.flato@ec.gc.ca
Dr. M. Giorgetta Max Planck Institute for Meteorology, Germany marco.giorgetta@zmaw.de
Dr. F. Georgi ICTP, Italy giorgi@ictp.trieste.it
Dr. A. Hirst CSIRO Atmospheric Research, Australia tony.hirst@dar.csiro.au
Dr. D. Karoly University of Oklahoma, USA dkaroly@ou.edu
Professor M. Kimoto University of Tokyo, Japan kimoto@ccsr.u-tokyo.ac.jp
Dr. C. Le Quere University of East Anglia, UK c.lequere@uea.ac.uk
Dr. N. Nakicenovic IIASA and Vienna University of Technology, Austria naki@eeg.tuwien.ac.at
Dr. S. Griffies
(職務上のメンバー)
Geophysical Fluid Dynamics Laboratory, USA stephen.griffies@noaa.gov

活動情報/報告