地球シミュレータ 地球シミュレータ
 
 ES-Repository
 CEIST
システム紹介

 地球シミュレータ(ES4)は、AMD社製CPUを搭載した計算ノード、NEC社製Vector Engineを搭載した計算ノード、NVDIA社製GPUを搭載した計算ノードの3種の計算ノードを組み合わせたマルチアーキテクチャ型スーパーコンピュータです。

ハードウェア


  地球シミュレータ総合性能  
  総演算性能     19.5 PFLOPS 
  総メモリ容量     556.5 TiB 
  共有ストレージ容量    ホーム領域:120 TB 
  データ領域: 60 PB 
  ワーク領域: 1.3 PB 
  ノード間ネットワーク帯域     200 Gb/s (双方向) 


地球シミュレータ(ES4)詳細

■ 地球シミュレータにおける計算ノードのイメージ

ハードウェア


■ 各計算機ノードの詳細

 計算機ノード種別   CPUノード  VE搭載ノード  GPU搭載ノード 
 ノード数   720  684   8 
ノード単体  CPU名   AMD EPYC 7742 
 CPU数(コア数)   2(128)   1(64)   2(128) 
 OS   CentOS 8 
 メモリ容量(ホスト)   256GiB   128GiB   4TiB 
 アクセラレータ   -   NEC SX-Aurora 
 TSUBASA Type 20B 
 NVIDIA A100 
 アクセラレータ数   -   8VE 
 (VEあたり8コア) 
 8 GPU 
 メモリ容量
(アクセレータあたり) 
 -   48GiB   40GiB 


地球シミュレータ(ES4)での動作実績アプリケーション例

あくまで動作実績の一例であり、当機構で動作や計算結果を保証するものではありません。
(公開予定)


【参考情報】
SX-Aurora TSUBASAで対応しているアプリケーション(外部サイト)