開催概要

ペットボトルで埋め尽くされた砂浜や、プラスチックが絡まったり、飲みこんだりして死亡したクジラや海鳥の映像。今プラスチックごみによる海洋環境や生態系への悪影響に関するニュースが毎日のように報道されています。身近な海のみならず、プラスチックごみは、私たちの日常生活から遠く離れた深海や北極海、南極海にまで到達していることがわかっています。海洋プラスチック汚染は深刻な地球環境問題の一つです。

世界の国々がその軽減に向けて努力し始めていますが、そのために必要な海洋科学の知見が不足しています。特に、大きさが数ミリ以下のマイクロプラスチックが、陸から広い外海へ広がり、さらに深海へ蓄積する過程や、生態系への影響は大半が未知のままです。

講演会では、プラスチックごみの分布やその生態系への影響を調べるために、海洋科学者が取り組んでいる技術開発や観測、予測研究についてお話しします。また、脱プラスチックオーシャンに向けて、科学者と市民が協力して出来ることを考えます。


リーフレット(PDF)
日時:
2019年7月30日(火)13:00~17:00(開場12:30)
会場:
ヤクルトホール(東京都港区東新橋1-1-19)
参加費:
無料
参加登録:
お申し込みありがとうございました。
定員に達したため、募集を締め切りました。
※参加をご希望の方は、当日空席がございましたらご案内いたしますので、直接会場にお越しください。
なお、事前申込をされた方から優先的に入場いただきますので、何卒ご了承ください。
主催:
国立研究開発法人海洋研究開発機構
後援:
文部科学省・環境省
資料について:
環境保護の観点から、会場での講演要旨集の配布は行いません。
講演要旨は「プログラム・講演要旨」へ掲載しておりますので、スマートフォンやタブレット端末でご参照いただくなど、ご協力をお願いいたします。

アクセス

ヤクルトホール
〒105-8660
東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル

●JR新橋駅より徒歩3分
●都営地下鉄浅草線新橋駅[汐留1番出口]より徒歩1分
●都営大江戸線汐留駅より徒歩5分
●東京メトロ銀座線新橋駅[2番出口]より徒歩2分
●新交通ゆりかもめ新橋駅より徒歩3分

※会場に駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

お問い合わせ

国立研究開発法人海洋研究開発機構
研究推進部
TEL:046-867-9603 FAX:046-867-9372
E-mail