トップページ > 広報活動 > JAMSTECイベントマップ

JAMSTECイベントマップ

JAMSTECが関係しているイベントが各地で開催されています。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
また、開催日によるイベント一覧は「イベント情報」をご覧ください。

※各イベントの開催日時、休館日、入館料等につきましては、変更になる場合がありますので、リンク先のホームページにてご確認ください。

   JAMSTEC拠点のイベント、展示     企画展、その他イベント     主な常設展    

イベント詳細 企画展、その他イベント 主な常設展

<企画展、その他イベント>
イベント名 GODACラボ2019 夏休み自由研究サポート
主催 JAMSTEC(GODAC国際海洋環境情報センター)
開催期間 2019年8月1(木)~8月31日(土)10:00-17:00 (※休止12:00-13:00)
開催場所 GODAC(沖縄県名護市字豊原224-3)
対象 小学生以上
参加費 無料
詳細(HP) GODACラボ2019 夏休み自由研究サポート
内容 夏休みはGODACで「海の自由研究」をしよう!今年もGODACスタッフがあなたの自由研究をお手伝い。テーマ探しや研究の進め方をアドバイスします。また、実験道具や研究者も利用する本格的な光学顕微鏡、生物図鑑から専門書まで海に関する様々なツールを準備してお待ちしています!困ったらまずはGODACへ。きっと自由研究のヒントが見つかりますよ。

▲マップへ戻る

イベント名 GODAC夏休みうみの工作教室
主催 JAMSTEC(GODAC国際海洋環境情報センター)
開催期間 2019年7月16(火)~8月31日(土)10:00〜17:00(最終受付16:30)
開催場所 GODAC(沖縄県名護市字豊原224-3)
対象 幼児~一般
参加費 無料 ※限定工作「くらげのちょきんばこ」は材料費がかかります。
詳細(HP) GODAC夏休みうみの工作教室
内容 今年も「GODAC夏休みうみの工作教室」を開催中。
今年のオススメは、300個限定の「ふしぎなくらげのちょきんばこ」です。 沖縄の海でもよく見かけるクラゲ…実は深海にもたくさんいます。ちょきんばこについているミニ自由研究シートをつかって、クラゲの生態や特徴について調べてみませんか?そのほかにも、世界中の海で活躍するJAMSTECの調査船や探査機について工作を楽しみながら学ぶことができる色々な工作を準備しています。みなさまぜひGODACへご来館ください!

▲マップへ戻る

イベント名 「地球の彩を宇宙から」
主催 四日市公害と環境未来館
協力 JAXA、JAMSTECほか
開催期間 2019年7月20日(土)~9月1日(日)
開催場所 そらんぽ四日市(四日市市立博物館)4階特別展示室
料金 一般500円、高・大生350円、中学生以下無料
詳細(HP) 四日市公害と環境未来館
内容 宇宙から地球を眺めるとどのような姿がわかるのでしょうか?地球観測衛星が観測した世界中の自然環境のデータをもとに、かけがえのない地球の大切さを考えます。

▲マップへ戻る

イベント名 「地球と地震 48のひみつ」
主催 仙台市教育委員会(仙台市科学館)
協力 JAMSTECほか
開催期間 2019年7月20日(土)~8月25日(日)
開催場所 スリーエム仙台市科学館
料金 一般,大学生900円,高校生600円,小・中学生300円
詳細(HP) 仙台市科学館
内容 地球のつくりや地震についてはまだまだ分からないことだらけです。今回の特別展では,地球の構造や地震発生のしくみに加えて,どのようにして緊急地震速報が届くのか,そのしくみや,災害に対する日頃の備えなど家庭での防災への取り組みのほか,関連するJAMSTEC(海洋研究開発機構)の最新研究を紹介します。また,これらパネル展示による紹介のほか,体験型の展示として,地震のゆれを3D空間でリアルに体験できる装置や段ボール迷路もあり,災害時の行動や事前の備えについて考える機会となるイベントになっています。

▲マップへ戻る

イベント名 「オドロキ!日本・海の環境と開発~海といつまでも」
主催 帆船日本丸記念財団・JTBコミュニケーションデザイン共同事業体
協力 JAMSTECほか
開催期間 2019年7月15日(月・祝)~9月29日(日)
開催場所 横浜みなと博物館 特別展示室
料金 一般200円、小・中・高校生と65歳以上は100円
※常設展示と帆船日本丸の船内見学は別途入館料が必要です。
詳細(HP) 横浜みなと博物館
内容 日本の海の環境を守り、海の恵みを活かすさまざまな取り組みをご紹介します。未来の日本の海はどうなっていくのか?海とともに生きていくために私たちに何ができるのか?展示を見ながら考えてみてください。

▲マップへ戻る

イベント名 恐竜ワールド~生物進化の大冒険
主催 明石市立文化博物館、神戸新聞社
協力 JAMSTEC、大阪市立自然史博物館、東京農業大学
開催期間 2019年7月13日(土)~9月1日(日)
開催場所 明石市立文化博物館 1階特別展示室及び2階ギャラリー
料金 当日券:大人 800円、大高生 600円、中学生以下無料
前売券:大人 600円、ペア 1,100円
詳細(HP) 明石市立文化博物館
内容 地球が誕生して46億年。そして、そこに生命が誕生したのは、約38億年前と考えられています。
地球で最初に生命が誕生した場所は海でした。長い時間をかけて進化した生物たちは、海から陸へと活動の範囲を広げていきました。そして、私たちがよく知る恐竜たちが誕生しました。恐竜たちは、巨大化し、やがて地球の覇者となりました。
生物の歴史は、進化と絶滅の繰り返しです。それは、まさに生物たちの「大冒険」と呼ぶにふさわしい、進化の旅といえるでしょう。
今回の展覧会では、生命の誕生から恐竜の時代まで生物の進化を辿り、多くの研究によって判明した古代の生き物たちの姿を、化石や標本等の資料を中心にご紹介します。

▲マップへ戻る

イベント名 第34回特別企画展「深海の玉手箱」
主催 豊橋市自然史博物館
協力 JAMSTEC、船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」
開催期間 2019年7月12日(金)~9月1日(日)
開催場所 豊橋自然史博物館 特別企画展示室
料金 大人 700円、小・中学生 300円
詳細(HP) 豊橋市自然史博物館
内容 人類最後のフロンティアとも言われる深海は、いまだ謎の多い神秘に包まれた世界です。しかし、この暗黒で高圧、低温の世界で、それでも生命は生きています。
深海、その特殊な環境に適応した生物は、不思議な姿をしているものや特殊な生態のものも多く存在しています。一方で、漁獲して食用にされる深海生物もおり、身近な側面もあります。そして、近年、深海には金属やエネルギー資源が眠っていることがぞくぞくと確認され、注目を集めています。
この特別企画展では、深海に生きる生物、深海の資源、そしてそれらの探査について、多数の標本や映像を用いて紹介します。

▲マップへ戻る

<主な常設展>
八戸市水産科学館マリエント
展示施設 八戸市水産科学館マリエント
住所 青森県八戸市大字鮫町字下松苗場14-33
詳細 http://www.marient.org/

※開館時間、休館日、入館料、内容は八戸市水産科学館マリエントにご確認ください。

▲マップへ戻る

日本科学未来館
展示施設 日本科学未来館
住所 東京都江東区青海2-3-6
詳細 http://www.miraikan.jst.go.jp/

※開館時間、休館日、入館料、内容は日本科学未来館にご確認ください。

▲マップへ戻る

三菱みなとみらい技術館
展示施設 三菱みなとみらい技術館
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル
詳細 http://www.mhi.co.jp/museum/

※開館時間、休館日、入館料、内容は三菱みなとみらい技術館にご確認ください。

▲マップへ戻る

新江ノ島水族館
展示施設 新江ノ島水族館
住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
詳細 http://www.enosui.com/index.php

※開館時間、休館日、入館料は新江ノ島水族館にご確認ください。

▲マップへ戻る

名古屋市科学館
展示施設 名古屋市科学館
住所 愛知県名古屋市中区栄2-17-1 白川公園内
詳細 http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

※開館時間、休館日、入館料は名古屋市科学館にご確認ください。

▲マップへ戻る

大阪科学技術館
展示施設 大阪科学技術館
住所 大阪府大阪市西区靱本町1-8-4
詳細 http://www.ostec.or.jp/pop/

※開館時間、休館日、入館料は大阪科学技術館にご確認ください。

▲マップへ戻る

琴平海洋博物館(海の科学館)
展示施設 琴平海洋博物館(海の科学館)
住所 香川県仲多度郡琴平町953
詳細 http://www.kaiyohakubutukan.sakura.ne.jp/

※開館時間、休館日、入館料は琴平海洋博物館(海の科学館)にご確認ください。

▲マップへ戻る

スミソニアン自然史博物館
展示施設 スミソニアン自然史博物館
住所 10th Street and Constitution Ave., NW in Washington, D.C. 20560
詳細 http://www.mnh.si.edu/

※開館時間、休館日、入館料はスミソニアン自然史博物館にご確認ください。

▲マップへ戻る

フランス デラメール博物館
展示施設 フランス デラメール博物館 'La Cité de la Mer'
"Grande Galerie des Hommes et des Engins"
(Great Gallery of deep-sea explorers and submarines)
住所 Gare Maritime Transatlantique. 50100 Cherbourg-Octeville, France
Tél. : (33) 02 33 20 26 26 Fax : (33) 02 33 20 26 27
詳細 http://www.citedelamer.com/

※開館時間、休館日、入館料はフランス デラメール博物館 にご確認ください。

▲マップへ戻る