研究プラットフォーム運用開発部門
Institute for Marine-Earth Exploration and Engineering (MarE3)

陸上と海中の通信をささえる基盤技術

水中音響通信・測位に関する研究

電波の届かない海中では通信や測位に音波が用いられます。
深海探査の各種海中プラットフォームに不可欠な海中の音響通信・測位について、その高速度化・高精度化に関する研究開発を行っています。
また、水平方向のマルチパス環境におけるTime Reversalによる高速MIMO通信の研究を進めています。

水中音響技術開発についてもっと詳しく

Time Reversalによる高速MIMO音響通信の研究

高速音響通信

AUVを同時に制御・運⽤するためのマルチユーザ通信測位

光・電磁波技術〔3Dレーザースキャナ Underwater 3D Laser Scanner (U3LS)〕に関する研究

海中におけるレーザー測距技術を用いて海底を三次元可視化するとともに、海底設置型水圧計に対する現場校正測距装置として、移動体へ搭載可能なシステムを構築し、その実用性および実装実現性を示す研究を行っています。

レーザー測距技術によるターゲット周辺の3Dスキャニング画像

ターゲット(ステップ台座)外観

レーザースキャナ外観

開発メンバー

統括